NEWS最新情報

7月19日(日)、SUPER GT第1戦『たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE』の決勝レースが66周で行われました。13番手からスタートしたPACIFIC NAC D’station Vantage GT3は、藤井誠暢選手がステアリングを握り、まず12番手に順位を上げると、ライバルと接近戦を展開。上位のトラブルもあり、ポイント圏内に浮上します。さらに19周目には8番手、他車のピットインにより5番手まで順位を上げ、27周を終えピットイン。ケイ・コッツォリーノ選手に交代しました。

代わったコッツォリーノ選手も安定したペースで周回を重ね、#4 メルセデスとのバトルを制し9番手に浮上しますが、終盤#4 メルセデスに再度先行され、10位でチェッカーフラッグを受け1ポイントを獲得しました。

1ポイントですが、現行のアストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3にとって、初のGT300クラスでのポイント獲得を果たしました。何より、悔しいレースが続いた2019年の雪辱を晴らす、チーム一丸となって得た貴重な1ポイントです。今回のレースで得られたことも多く、第2戦に向けてさらなる改良を加えていきます。応援してくださった皆さま、ありがとうございました!

7月19日(日)、SUPER GT第1戦『たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE』の公式予選が行われました。PACIFIC NAC D’station Vantage GT3は、公式予選Q1のにA組から挑みました。ステアリングを握った藤井誠暢選手は積極的にアタックを仕掛け、1分37秒812をマーク。見事A組の4番手でQ2進出を果たします。

続いて行われたQ2では、ケイ・コッツォリーノ選手がアタックを担当。1分37秒883というタイムで13番手につけ、この後午後3時から行われる決勝レースに挑みます。PACIFIC – D’station Racingへのご声援、よろしくお願いします!

7月18日(土)、SUPER GT第1戦『たかのこのホテル FUJI GT 300km RACE』の公式練習が行われました。当初16時からスタートする予定のセッションでしたが、富士スピードウェイは深い霧に包まれてしまい、走行は大幅にディレイとなってしまいます。

PACIFIC – D’station Racingもピットでステイを強いられますが、霧も晴れ、午後5時15分に走行がスタート。PACIFIC NAC D’station Vantage GT3は藤井誠暢選手がステアリングを握りコースインしました。
途中、藤井選手からケイ・コッツォリーノ選手に交代し19周を走行した後、日曜午前に予定されている公式予選に荒天が予想されており、その場合公式練習の順位がグリッドになることから、ふたたび藤井選手に交代し、アタックをかけます。藤井選手はこのなかで1分37秒861というタイムをマークし、18番手で公式練習を終えました。

「今回、公式テストから鈴鹿でのテストを経て、方向性を大きく変えて来ましたが、フィーリングはすごく良くなっています。決勝レースを重視したセットアップで持ち込んでいるので、悪くない順位ではないでしょうか。タイムももう少し出たと思いますが、明日もしレースがウエットだった場合、チャンスがあると思います。コッツォリーノ選手もたくさん周回してもらい、クルマにも慣れることができたと思います」と藤井選手はコメントしました。

7月19日(日)は午前9時30分から公式予選がスタートします。PACIFIC – D’station Racingへのご声援、よろしくお願いします!

17 / 89First...10...1516171819...304050...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
PACIFIC RACING TEAM
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社エアージェイ

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS