NEWS最新情報

10月8日~9日にツインリンクもてぎでSUPER GT公式テストが行われました。ポルシェ得意のモテギでD’station Porscheの仕上がりは順調で、1日目は午前:3位、午後2位、2日目は午前:2位、午後:4位と安定した速さを魅せていました。

「今日の午後はロングランしかしていませんが、ユーズドタイヤでもタイムも良いですし、最終戦のときの気温に合いそうなタイヤのパフォーマンスも高かったです。クルマも足回りのセットを試し、もてぎに合うものが見つけられたと思っています。平均的にスピードがありますし、この最終戦が最大のチャンスになると思います」と藤井誠暢選手は大きな手ごたえを感じた様子です。

今回、スヴェン・ミューラー選手が参加していないこともあり、2日間8時間の走行となりましたが、「昨年ももてぎはパンクさえなければ勝てるレースだったと思いますし、今年はリベンジで、きっちり勝って終わりたいですね。その意味では完璧なテストでした。僕も8時間走り、クールスーツもドリンクも使わなかったですが大丈夫でした」と藤井選手は笑顔でタフネスぶりをみせています。

次戦SUPER GTは10月20〜21日のオートポリス戦。D’station Porscheにとって決して得意なコースではありませんが、好結果で最終戦に繋げるべく、チーム一丸となって挑みます。

2018年PCCJ第11戦のフォトギャラリーを公開いたしました。

⇒詳細はこちら

10月12日~14にF1日本グランプリの併催レースとして、鈴鹿サーキットでポルシェ カレラカップ ジャパン第11戦の決勝レースが行われました。そして、D’station Racingにとっては最高の結果で2018年シーズンを終えることができました!

3番手グリッドから抜群のスタートを決めた星野敏選手は、最前列の2台が牽制し合う間を縫ってトップに浮上します。途中、デグナーカーブでわずかにコースアウトがあり、2番手につけた近藤翼選手に詰め寄られ、さらに上村優太選手も接近しますが、最後まで集中を切らさなかった星野選手はトップのままチェッカー!

F1の併催イベントというビッグステージで、初の総合優勝という快挙を成し遂げました!
「スタートで前のふたりを抜いてトップに立てたのですが、レース途中で飛び出してしまう場面もありました。最後は上村選手に追い上げられましたが、最後のシケインから大事に走りトップでチェッカーを受けることができました」と星野選手は喜びを語っています。

たゆまぬ努力を続け、参戦6年目にしてついに掴んだ総合優勝。特に若手ふたりを抑えての走りは星野選手のいまの実力を証明するものでしょう。皆さま、2018年PCCJの応援本当にありがとうございました!

5 / 34First...34567...102030...Last

PARTNERS

アクセル有限会社
株式会社エアージェイ
エンケイ株式会社
江崎グリコ株式会社
有限会社エムエムエピー
LG Electronics Japan Inc
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社ケテル
株式会社ケテルレースサービス
株式会社五光建設
株式会社サインアートツカ
株式会社サウスヒルズ
三洋紙業株式会社
株式会社JVCケンウッド
株式会社タジマモーターコーポレーション
税理士法人平川会計パートナーズ
ディートリッヒ
有限会社デイズ
EMGルブリカンツ合同会社
株式会社MAKEWINNER
プーマジャパン株式会社
ヤワタグループ
株式会社ユニワールド
横浜ゴム株式会社
株式会社ラフィーネインターナショナル

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS