NEWS最新情報

2019年SUPER GT Rd4タイのフォトギャラリーを公開いたしました。

⇒詳細はこちら

6月29〜30日、タイのチャン・インターナショナル・サーキットで開催されたSUPER GT第4戦。1ヶ月間のインターバルの間に、アストンマーティン・レーシングとともに取り組んだセットアップ変更が功を奏し、走り出しからトップを争ったD’station Vantage GT3ですが、勝利を狙いに決勝レースでも最後まで攻めたものの、悔しい結末が待っていました。そんなSUPER GT第4戦のレースレポートをアップ致しました。皆さまぜひご覧ください。

■詳細はこちら
http://dstation-racing.jp/pdf/2019/Dstation_sgt_2019_round4.pdf

6月30日、現地時間15時からタイ王国のチャン・インターナショナル・サーキットで、SUPER GT第4戦の決勝レースが行われました。ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手がステアリングを握り、3番手からスタートしたD’station Vantage GT3は、序盤オリベイラ選手がタイヤの状況をチェックしながら3番手のポジションを守ると、16周目に2番手に浮上。他車のピットインにより、中盤にはトップに浮上しました。

チームは今回のレースで勝利をつかむべく、ピット作業を遅らせ、負担の大きい左側の二輪のみを交換しピットでの作業時間を稼ぐ作戦を採ります。オリベイラ選手はタイヤを労りピットインのタイミングをうかがうと、セーフティカー導入を察知し34周目にピットイン。藤井誠暢選手に交代します。この作戦も成功したD’station Vantage GT3は、藤井選手がリスタート時にトップをうかがいますが、前を走る周回遅れに詰まってしまい、わずかに失速したところを2台にオーバーテイクされてしまいます。それでも表彰台圏内を目指し戦っていた藤井選手でしたが、右リヤタイヤにトラブルが発生。緊急ピットインを行い、最終的には19位でチェッカーを受けることになりました。

勝利を狙う戦いをみせていただけに悔しい結果となってしまいましたが、このタイで得られたものも大きく、次戦以降へ繋げられるレースとなりました。D’station Racing AMRはこの悔しさをバネに第5戦富士に挑みます。皆さま応援ありがとうございました。

5 / 53First...34567...102030...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
横浜ゴム株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
プーマジャパン株式会社
EMGルブリカンツ合同会社
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社エアージェイ
株式会社ケテル
株式会社ケテルレースサービス
株式会社MAKEWINNER

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS