NEWS

6月1日(土)〜2日(日)、三重県の鈴鹿サーキットで開催された2024年SUPER GT第3戦『SUZUKA GT 3Hours RACE』。D’station Racingにとっては、初めてのポールポジション、そしてパーフェクトな展開での初優勝と記念すべき一戦となりましたが、そんな第3戦のレースレポートを下記に掲載しました。是非ご覧ください。

■詳細はこちら

https://dstation-racing.jp/pdf/2024/SUPERGT_Round03.pdf

6月2日(日)、三重県の鈴鹿サーキットで2024年SUPER GT第3戦『SUZUKA GT 3Hours RACE』の決勝レースが行われました。そしてこの6月2日は、D’station Racingにとって記念すべき日となりました。

前日の公式予選でポールポジションを獲得していたD’station Vantage GT3は、藤井誠暢選手がスタートドライバーを担当。直前のウォームアップで雨が降る不安定なコンディションでしたが、その後急速に路面は乾きドライに。スリックでの走行に自信をもっていた藤井選手は、スタート直後からプッシュをみせると、10周目には2番手の#61 BRZに対して3秒以上のギャップを築きます。

その後、スタートから1時間ほどとなる29周までタイヤを労りながら好ペースで走行を続けたD’station Vantage GT3は、ピットインしチャーリー・ファグ選手に交代。ファグ選手も鈴鹿での初めての決勝ながら安定した走りをみせ、タイヤ無交換作戦を行っていた#31 LC500h GTを追いつめると、45周目のスプーンでオーバーテイク。トップに返り咲きました。

ファグ選手は61周にピットインし大役を果たすと、最終スティントは藤井選手に交代。安定したペースで85周を走り切り、2位に38.030秒という大差をつけトップチェッカーを受けました。そしてついに、ついにD’station Racingが目標としていたSUPER GTでの初優勝を飾ることができました。

D’station Racingへのたくさんのご声援、本当にありがとうございました! 次戦も皆さんの応援を糧に、さらなる結果を目指していきます。速報でぜひドライバーふたりのコメント、佐々木主浩総監督のコメントもご覧ください。

▼▽ドライバーコメント▽▼

■藤井誠暢選手
「今回は走り出しからフィーリングが良く、タイヤも構造などを見直してもらったものがすごく機能していました。またセットアップも改善しており、タイヤが良いパフォーマンスのまま持続できるという自信はありました。とはいえしっかりマネージメントしなければならないので、序盤プッシュしながらもマネージメントしていきましたが、良いペースでギャップを広げられましたし、最終スティントも同様に走ることができました」
「勝てるときはこういう感じなんですよね(笑)。今回はいろいろなものが噛みあった印象です。D’station Racing立ち上げからのタスクをひとつこなすことができましたし、自分自身はD’station Racingとしてなかなか勝てそうで勝つことができなかったので、そういう意味では良かったと思います」

■チャーリー・ファグ選手
「最高の気分だよ! 僕は子どもの頃からSUPER GTを観ていたので、そんなレースで勝つことができたんだからね。前戦の富士では素晴らしいペースがあったけど、残念ながら結果を出すことができなかった。でも、ずっとレースをしてみたかった鈴鹿という場所に来ることができ、こうして勝利を収めることができて本当にうれしく思っているよ。素晴らしい機会を提供してくれたD’station Racing、藤井サン、チームのみんな、FRESH ANGELSのみんな、ダンロップタイヤに感謝している」
「レースでは#31 LC500h GTと戦うこともあったけれど、僕としてはペースがあったので、確実にオーバーテイクできるようにしていたんだ。とてもクリーンで、お互いに敬意を払うことができた良いバトルができたんじゃないかと思っているよ」

■佐々木主浩総監督
「素晴らしい結果でしたね。第2戦のときもタイムは出ていたので、速さがあるのは分かっていたのですが、いろいろなことがありました。そこからチームのみんなが頑張ってセッティングしてくれた結果が繋がったので、本当にチーム全員で勝ち取ることができた勝利でしたね」

6月1日(土)、三重県の鈴鹿サーキットで2024年SUPER GT第3戦『SUZUKA GT 3Hours RACE』の公式練習、公式予選が行われました。

晴天のもと、午前9時45分から行われた公式練習では、藤井誠暢選手から走行を開始。途中、チャーリー・ファグ選手に交代した後、ふたたび藤井選手に交代し午後の公式予選、そして決勝レースに向けたセットアップを確認していきましたが、5月8〜9日に行われたテストで得ていた好感触そのままに、D’station Vantage GT3は非常に良好な手ごたえで走行を続けていきました。結果的に、公式練習では藤井選手が記録した1分58秒424というベストタイムで、3番手につけます。

午後3時から行われた公式予選では、まず藤井選手がQ1のB組に出走。4周目には2番手に0.756秒もの大差をつける1分57秒894というタイムを記録し、Q2のアッパーグループに進出しました。

Q2では、ファグ選手も好アタックを展開。1分58秒296を記録し2番手につけ、合算タイムで3分56秒190を記録し、速報でもお届けしましたが、見事ポールポジションを獲得しました!

D’station Racingにとっては、2017年にSUPER GTに参戦を開始して以来チーム初となるポールポジションとなりました。培ってきたアストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3の知見、そしてダンロップタイヤの高いパフォーマンスが今回のポールポジションに繋がりました。

明日の決勝レースではGT300クラスポールポジションからのスタートとなります。引き続きD’station Racingにたくさんのご声援よろしくお願いします!

▼▽タイムスケジュール▽▼

■6月2日(日) / 2nd June
12:00-12:20 ウォームアップ走行
13:30-    決勝レース(3時間)

▼▽J SPORTSでの視聴はこちら▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/supergt/

5月12日(日)、タイのチャーン・インターナショナル・サーキットでファナテック・GTワールドチャレンジ・アジア・パワード・バイ・AWSの第2ラウンドのレースが2行われました。

D’station Racingは、このレース2を12番手からスタートしますが、直後の1コーナーでまたも混乱に巻き込まれてしまいポジションダウンを喫しました。

その後も藤井誠暢選手が追い上げを目指しますが、前日の接触の影響があったか水温が上がってしまい思うようにペースを上げることができず、星野敏選手に交代後も追い上げるも、最後は総合15位/Pro-Amクラス7位でレースを終えることになりました。

GTワールドチャレンジ・アジアは次戦から日本に舞台を移すことになります。引き続きD’station Racingにご声援よろしくお願いします!

5月11日(土)、ベルギーのスパ・フランコルシャンでWEC第3戦トタルエナジーズ・スパ・フランコルシャン6時間の決勝レースが行われました。

LM-GT3クラス15番手からスタートしたD’station Racingの#777 アストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3は、クレメント・マテウ選手がスタートドライバーを担当。序盤からパーツ飛散によるフルコースイエロー導入、さらにハイパーカーとLM-GT3の接触などが多いレースとなりましたが、そんななかマテウ選手からエルワン・バスタード選手に交代し、15番手から追い上げを続けていたものの、ケメルストレートを走るバスタード選手の目前でハイパーカーの#2 キャデラックとLM-GT3の#31 BMWが激しくクラッシュ。バスタード選手はなんとかクラッシュに巻き込まれることを回避できましたが、レースは一時赤旗中断となりました。

レースはその後再開され、D’station Racingはバスタード選手からマルコ・ソーレンセン選手に交代し追い上げ。最後は7位でフィニッシュし、開幕から3戦連続でのポイント獲得を果たしました。

D’station Racingは開幕3戦を終え、ランキング5位につけています。いよいよ次戦は、シリーズのハイライトである第4戦ル・マン24時間となります。ぜひD’station Racingにご声援よろしくお願いします!

5月11日(土)、タイのチャーン・インターナショナル・サーキットでファナテック・GTワールドチャレンジ・アジア・パワード・バイ・AWSの第2ラウンドの予選、レース1が行われました。

前日までのオフィシャル・プラクティスで好調だったD’station Racingは、午前11時から行われた予選に臨みました。クオリファイ1では星野敏選手がアタックを担当。1分35秒846を記録しますが、僅差のなか16番手に。続いて行われたクオリファイ2では藤井誠暢選手がアタックし1分34秒120を記録しましたが、こちらも僅差で12番手につけました。

午後3時からの決勝レースでは、星野選手がスタートドライバーを務めましたが、スタート直後の1コーナーで混乱に巻き込まれ車両を破損。この影響でポジションを落とし、その後も接触のダメージでペースが上がらず、24位でレースを終えることになりました。

5月12日(日)のレース2は藤井選手がスタートを担当し、12番手からスタートします。引き続きD’station Racingにご声援よろしくお願いします!

▼▽タイムスケジュール▽▼

■5月12日(日) / 12th May
10:45- (日本時間12:45-)   レース2

▼▽J SPORTSでの視聴はこちら▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/gt_worldchallenge_asia/

▼▽Youtube Live▽▼
Race2 : https://www.youtube.com/watch?v=6DSN5P_L4ow

D’station Racingは4月19日(金)〜20日(日)の週末に続き、5月10日(金)からの週末、ベルギーのスパ・フランコルシャンで開催されているFIA WEC世界耐久選手権、そしてタイのチャーン・インターナショナル・サーキットで開催されているファナテック・GTワールドチャレンジ・アジア・パワード・バイ・AWSの両レースに挑戦しています。

ベルギーで行われているWEC第3戦トタルエナジーズ・スパ・フランコルシャン6時間に、クレメント・マテウ選手/エルワン・バスタード選手/マルコ・ソーレンセン選手のトリオで臨むD’station Racingは、5月9日(木)からフリープラクティスの走行をスタート。FP1は2分22秒720というベストタイムで14番手、FP2は2分22秒178で7番手につけました。

5月10日(金)はフリープラクティス3と予選が行われ、2分22秒178というベストタイムで7番手につけ、午後に行われた予選でも活躍が期待されましたが、2分23秒094というベストタイムでハイパーポール進出はならず。15番手から決勝レースを戦うことになりました。

5月11日(土)は6時間の決勝レースに臨みます。引き続きご声援よろしくお願いします!

▼▽タイムスケジュール▽▼

■5月11日(土) / 11th May
13:00-(日本時間20:00-)   決勝レース

▼▽J SPORTSでの視聴はこちら▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

▼▽ライブタイミング▽▼
https://live.fiawec.com

D’station Racingは4月19日(金)〜20日(日)の週末に続き、5月10日(金)からの週末、ベルギーのスパ・フランコルシャンで開催されているFIA WEC世界耐久選手権、そしてタイのチャーン・インターナショナル・サーキットで開催されているファナテック・GTワールドチャレンジ・アジア・パワード・バイ・AWSの両レースに挑戦しています。

GTワールドチャレンジ・アジアはこのタイが第2ラウンド。鈴鹿で行われたSUPER GTのテストを初日のみで終え鈴鹿からタイへ移動したチームは、5月9日(木)からスタートしたペイド・プラクティスから走行を開始しました。

時折スコールなどが降るなか、順調に初日を終えた星野敏選手/藤井誠暢選手組D’station Racingのアストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3は、走行2日目となる5月10日(金)に行われた2回のオフィシャル・プラクティスでも好調を維持。オフィシャル・プラクティス1は1分34秒618で5番手、オフィシャル・プラクティス2では1分34秒578で4番手と、世界の強豪メーカーのワークスドライバーたちがひしめくなか、好位置につけています。

5月11日(土)は予選、そして決勝レース1が行われます。D’station Racingにご声援よろしくお願いします!

▼▽タイムスケジュール▽▼

■5月11日(土) / 11th May
11:00-11:15 クオリファイ1
11:22-11:37 クオリファイ2
15:00-    レース1

■5月12日(日) / 12th May
10:45-    レース2

▼▽J SPORTSでの視聴はこちら▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/supergt/

▼▽Youtube Live▽▼
Race1 : https://www.youtube.com/watch?v=XkzDcsYpq-w
Race2 : https://www.youtube.com/watch?v=6DSN5P_L4ow

5月3〜4日に富士スピードウェイでSUPER GT第2戦を終えたばかりのD’station Racingですが、5月8日(水)は三重県の鈴鹿サーキットに場所を移し、19台が走行したGT300専有テストに参加しました。

今回のテストは6月1〜2日の第3戦を見据えたものとなりましたが、D’station Racingとしては、初めて鈴鹿を走るチャーリー・ファグ選手の習熟も兼ねたものとなりました。午前は藤井誠暢選手を中心にラップを重ね、午後は途中赤旗中断がありましたが、藤井選手が序盤走行した後、すぐにファグ選手に交代。鈴鹿のコースを習熟していきました。

テストは5月9日(木)も行われますが、D’station Racingは5月10日(金)〜12日(日)にタイのチャーン・インターナショナル・サーキットで開催されるファナテック・GTワールドチャレンジ・アジア第2ラウンドに参加するため、この日限りで鈴鹿を後にし、タイへ移動します。GTワールドチャレンジ・アジアへのご声援もよろしくお願いします!

2024年 SUPER GT Rd2 富士のフォトギャラリーを公開しました。

⇒詳細はこちら
Click here

PARTNERS

Aston Martin Racing
ダンロップタイヤ
ENKEI WHEELS
ENDLESS
HRX
HEXIS Graphics
BODYFENCE
H ampersand