NEWS最新情報

2022年3月16〜18日に開催されたWEC世界耐久選手権第1戦・1000マイル・オブ・セブリング。2022年のWEC開幕となるレースでしたが、2年目の挑戦となるD’station Racingが新体制で難コースのセブリングで開幕戦に挑みました。
そんな一戦のレースレポートを下記に掲載しました。是非、ご覧ください。

■詳細はこちら
http://dstation-racing.jp/pdf/2022/Dstation_WEC_2022_round1.pdf

3月20日(日)、三重県の鈴鹿サーキットでENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook第1戦『SUZUKA 5時間耐久レース』の決勝レースが行われました。

ST-1クラスポールポジションの総合8番手からスタートしたD’station Vantage GT8Rは、織戸学選手がスタートを担当。他クラスのライバルとも争いながらクラス首位を走行し、28周を終え星野辰也選手に交代。星野選手もステディな走りを続け、56周で浜健二選手に交代し、クラス上位進出を目指し戦いを続けていきます。

しかし、ふたたび織戸選手に交代した後、終盤の逆バンクで他車をオーバーテイクした後にリヤにヒットされるかたちとなってしまい、コース上にストップ。再始動したもののホイールにダメージを負ってしまいます。幸いレースを続けることができ、124周を走破。クラス3位でチェッカーを受けました。

ただ、アクシデントがなくともライバルのスピードが強力だったことも事実。次戦、その差を埋めるべく挑んでいきます、たくさんのご声援、ありがとうございました。

3月19日(土)、三重県の鈴鹿サーキットでENEOS スーパー耐久シリーズ2022 Powered by Hankook第1戦『SUZUKA 5時間耐久レース』の公式予選が行われました。

D’station Racingが投入したD’station Vantage GT8Rは、ウエットコンディションとなった3月18日(金)の専有走行をこなし、3月19日(土)のフリー走行、公式予選に臨みました。
予選では、まずはAドライバー予選で星野辰也選手が2分12秒165をマーク。続くBドライバー予選では、織戸学選手が2分09秒846をマークします。スーパー耐久の公式予選は2名のタイム合算で争われますが、ふたりのタイム合算の結果、D’station Vantage GT8RはST-1クラスのポールポジションを獲得しました。Cドライバー予選でも浜健二選手がしっかりと2分14秒723をマークし、予選を締めくくっています。

3月20日(日)は午前11時40分から5時間の決勝レースが行われます。ぜひたくさんのご声援をよろしくお願い致します。決勝レースの様子は下記からも視聴可能です。

<S耐TV>
https://youtu.be/tqWzyv-ofC4

<ライブタイミング>
https://www.supertaikyu.live/timings/index.html

20 / 150First...10...1819202122...304050...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
TF SPORT
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
マジェスティ
SPORESH
NEXUSフェンシングクラブ
天然温泉 湯楽部
ZIMA
ごはん&カフェ Moment
矢中食堂
D'STATION RACERS