NEWS最新情報

ポルシェ カレラカップ ジャパンの2018年公式テストが、3月13〜14日の2日間富士スピードウェイで行われ、22台のマシンが参加しました。

今季もD’station Porscheでシリーズに挑む星野敏選手ですが、今季から導入される新型911 GT3 Cupにあわせてさまざまなセットアップの方向性をトライしましたが、1日目午後、2日目の午前、午後ともトップタイムをマーク。1分42秒139で総合首位でテストを終えました!スカラシップドライバーや若手がひしめくなかでセットアップも決まり、開幕に向けていい手ごたえを得ています。

3月6〜7日の2日間、岡山国際サーキットでSUPER GT GT300クラスに参戦するD’station Porscheが今季初テストを行いました。すでにスーパー耐久でも走行していますが、2018年バージョンにアップデートされたポルシェ911 GT3 Rの新パーツを装着し、藤井誠暢選手がステアリングを握り走行を重ね、18年仕様への変更によるタイヤ比較等のメニューをこなしました。

今後、スヴェン・ミューラー選手も合流し参加する公式テスト等をこなしながら、開幕への準備を進めていきます。18年版のカラーリングもしばらくお待ちください!

3月3日、富士スピードウェイでピレリ・スーパー耐久シリーズの公式テストがスタートしました。D’station Racingは2018年から、ST-Xクラスにポルシェ911 GT3 Rを、ST-1クラスにポルシェ911 GT3 Cupを投入しますが、この日は2台が揃ってテストに参加しました。
ST-Xクラスのポルシェ911 GT3 Rは、昨年同様に星野敏選手/荒聖治選手/近藤翼選手というトリオで、ST-1クラスのポルシェ911 GT3 Cupは、星野辰也選手/織戸学選手/浜健二選手というトリオでチャンピオン獲得に挑みます。

この日は1時間のセッションが3回行われましたが、ST-Xの777号車D’station Porscheは2回目で1分40秒702というトップタイムをマーク。1回目/3回目も5番手につけました。今季はアジアからも新たなチャレンジャーが参戦し、ST-Xクラスはより激しい戦いが展開されそうです。また、ST-1の47号車D’station Porscheも織戸選手のコーチングのもと順調に走行を重ね、2台のST-1クラスながら、3セッションともトップタイムとなりました。

午後7時からは5月31日〜6月3日に行われる富士24時間に向けた夜間練習走行が行われました。D’station Racingでは、777号車ポルシェ911 GT3 R、そして47号車ポルシェ911 GT3 Cupの2台がナイトセッションに臨み、大きなトラブルもなく走行を終えました。

4 / 13First...23456...10...Last

PARTNERS

株式会社アネブル
アクセル有限会社
エンケイ株式会社
江崎グリコ株式会社
有限会社エムエムエピー
LG Electronics Japan Inc
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社ケテル
株式会社ケテルレースサービス
株式会社五光建設
株式会社サインアートツカ
株式会社サウスヒルズ
三洋紙業株式会社
株式会社JVCケンウッド
株式会社タジマモーターコーポレーション
税理士法人平川会計パートナーズ
ディートリッヒ
有限会社デイズ
EMGルブリカンツ合同会社
株式会社MAKEWINNER
プーマジャパン株式会社
ヤワタグループ
株式会社ユニワールド
横浜ゴム株式会社
株式会社ラフィーネインターナショナル

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS