NEWS最新情報

9月18日(土)、三重県の鈴鹿サーキットでスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第5戦『SUZUKA S耐』の決勝レースが行われました。

ST-Xクラスの星野敏選手/藤井誠暢選手/近藤翼選手組 #777 D’station Vantage GT3は、予選3位より逆転で2勝目を飾りました。その結果シリーズポイントに30点を加算、合計132.5点を獲得し、11月13日~14日に岡山国際サーキットで行われる最終戦を迎える前に、念願のシリーズチャンピオンを獲得することができました。

スーパー耐久最高峰のST-Xクラスで、D’station Racingにとって初のシリーズチャンピオン獲得。そして、アストンマーティンのレース車両にとっても、日本国内のレースで初のシリーズチャンピオンに輝きました。

沢山のご声援を頂きありがとうございました。

9月18日(土)、三重県の鈴鹿サーキットでスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第5戦『SUZUKA S耐』の決勝レースが行われました。

ST-Xクラスの星野敏選手/藤井誠暢選手/近藤翼選手組#777 D’station Vantage GT3は、藤井誠暢選手がスタートを担当。1周目から素晴らしい走りをみせ、2周目にはトップに浮上します。その後もグイグイとリードを築いていくと、35周目にピットへ。近藤翼選手に交代しました。ただ、そのスティントで他クラスのマシンをオーバーテイクしようとして接触。このためペナルティが課されてしまいました。

しかしペースは良く、72周目に星野敏選手に交代すると、無線が聞き取りづらいトラブルはありながらも、プロ顔負けのハイペースで周回。この間、リードしていたライバルが接触でダメージを負うと、ふたたびトップへ。103周まで走り、ふたたび近藤選手にステアリングを委ねました。

終盤、近藤選手の後方からは#16 ポルシェが接近。しかし「絶対に抜かれない」とタイヤが厳しくなるなかでも卓越したコントロールをみせ、トップを死守します。逆に#16 ポルシェはピットインを強いられ、これで勝負あり。#777 D’station Vantage GT3が今季2勝目を飾り、ST-Zクラス優勝の#47 D’station Vantage GT4とともにダブルウインという偉業を飾りました。

そしてこの結果、#777 D’station Vantage GT3は2021年のST-Xクラスのチャンピオンを獲得しました! 星野選手、近藤選手にとっては初タイトル。そしてD’station Racingとしても嬉しいチャンピオンとなりました。ご声援いただいた皆さま、本当にありがとうございました!

9月18日(土)、三重県の鈴鹿サーキットでスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第5戦『SUZUKA S耐』の決勝レースが行われました。

ST-Zクラスの星野辰也選手/織戸学選手/篠原拓郎選手/浜健二選手組#47 D’station Vantage GT4は、織戸選手がステアリングを握り、序盤からトップ争いに食い込み、6周目にクラス首位に浮上します。織戸選手はそのままリードを築きつつ、33周を終えピットへ。星野辰也選手に交代します。

星野選手は非常にペースが良く、プロドライバー顔負けのスピードでラップを重ねると、59周まで走りピットイン。篠原選手にステアリングを託し、作戦が異なるライバルがいながらも、首位の座を着実なものにしていきました。そして94周を終え長丁場のスティントをこなすと、ふたたび織戸選手へ。128周のパーフェクトなレースを展開し、見事第4戦オートポリスに続く優勝を成し遂げました!

そして、ST-Xクラスの#777 D’station Vantage GT3とともにダブルウインという偉業を達成。まさにD’station Racing一色となる第5戦鈴鹿の決勝レースを飾りました。

1 / 3812345...102030...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS