NEWS

3月1日(金)、カタールのルサイル・インターナショナル・サーキットで2024年FIA WEC世界耐久選手権第1戦『QATAR 1812KM』のフリープラクティス3と予選が行われました。

PROLOGUE QATARから好調をキープしているD’station Racingの#777 アストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3 EVOは、午前11時から行われたフリープラクティス3ではクレメント・マテウ選手からマルコ・ソーレンセン選手、エルワン・バスタード選手と交代しながら26周をこなし、ソーレンセン選手が1分55秒346を記録。5番手につけます。

その勢いのまま臨んだ午後4時からの予選では、今季もブロンズドライバーがアタックを担当するため、マテウ選手がアタッカーを務めました。3周目、1分55秒619という好タイムを記録すると見事3番手に。ハイパーポール進出を果たしました。

マテウ選手は、続く午後4時40分からのハイパーポールでも引き続きアタックを担当。ここでは4周目に1分55秒184とさらにタイムを縮め、LMGT3クラスの4番手につけ開幕戦の2列目グリッドを獲得することができました。

好位置からスタートを切ることになったD’station Racingは、いよいよ3月2日(土)、開幕戦の決勝レースに臨みます。ぜひD’station Racingにご声援よろしくお願いします!

▼▽タイムスケジュール▽▼
○QATAR 1812KM

■3月2日(土) / 2nd March
・11:00-(日本時間17:00) RACE

▼▽ライブタイミングはこちらから▽▼
https://live.fiawec.com

▼▽テレビ中継はこちらから▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

2月29日(木)、いよいよカタールのルサイル・インターナショナル・サーキットで2024年FIA WEC世界耐久選手権第1戦『QATAR 1812KM』が開幕しました。PROLOGUE QATARに続くレースウイークの走行初日は、午後0時20分からフリープラクティス1、午後5時30分からはフリープラクティス2が行われました。

藤井誠暢マネージングディレクターも見守るなか、まずフリープラクティス1ではクレメント・マテウ選手から走行スタート。エルワン・バスタード選手、マルコ・ソーレンセン選手へと交代し、最後はふたたびマテウ選手がドライブ。バスタード選手が記録した1分56秒302がベストタイムとなり、LMGT3クラスの5番手につけました。

続くフリープラクティス2では、マテウ選手、ソーレンセン選手、バスタード選手、ふたたびマテウ選手へと交代しながらラップを重ねていき、バスタード選手の1分55秒549がベストタイムに。4番手と好位置で終えることができました。

PROLOGUE QATARから好調をキープしているD’station Racingは、3月1日(金)はフリープラクティス3、そして予選に臨みます。引き続きD’station Racingにご声援よろしくお願いします!

▼▽タイムスケジュール▽▼
○QATAR 1812KM

■3月1日(金) / 1st March
・11:00-12:00(日本時間17:00-18:00) FREE PRACTICE 3
・16:00-16:12(日本時間22:00-22:12) QUALIFY LMGT3
・16:40-16:50(日本時間23:40-23:50) HYPER POLE LMGT3

■3月2日(土) / 2nd March
・11:00-(日本時間17:00) RACE

▼▽ライブタイミングはこちらから▽▼
https://live.fiawec.com

▼▽テレビ中継はこちらから▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

2月27日(火)、カタールのルサイル・インターナショナル・サーキットで2024年FIA WEC世界耐久選手権開幕前のテストセッションとなる『PROLOGUE QATAR』の2日目の走行が行われました。

初日のセッション2で6番手と順調なすべり出しをみせたD’station Racingの#777 アストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3 EVOは、10時から行われたセッション3ではクレメント・マテウ選手が中心になって走行。終盤マルコ・ソーレンセン選手、エルワン・バスタード選手と交代し、ソーレンセン選手が1分54秒791を記録。LMGT3クラスのトップタイムで終えました。

続く14時からのセッション4でも、マテウ選手、バスタード選手、さらにソーレンセン選手と交代しながら周回。71周と多くのラップをこなし、バスタード選手が1分54秒778と、この日の最速タイムを記録。午前、午後ともトップタイムと好調のままPROLOGUE QATARを終えることができました。

2月29日(木)からはいよいよ第1戦QATAR 1812KMが開幕します。ぜひD’station Racingにご声援よろしくお願いします!

▼▽タイムスケジュール▽▼
○QATAR 1812KM

■2月29日(木) / 29th February
・12:20-13:50(日本時間18:20-19:50) FREE PRACTICE 1
・17:30-19:00(日本時間23:30-25:00) FREE PRACTICE 2
■3月1日(金) / 1st March
・11:00-12:00(日本時間17:00-18:00) FREE PRACTICE 3
・16:00-16:12(日本時間22:00-22:12) QUALIFY LMGT3
・16:40-16:50(日本時間23:40-23:50) HYPER POLE LMGT3
■3月2日(土) / 2nd March
・11:00-(日本時間17:00) RACE

▼▽ライブタイミングはこちらから▽▼
https://live.fiawec.com

▼▽テレビ中継はこちらから▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

2月26日(月)、カタールのルサイル・インターナショナル・サーキットで2024年FIA WEC世界耐久選手権開幕前のテストセッションとなる『PROLOGUE QATAR』がスタートしました。

海上貨物の遅延にともなうスケジュール変更がありましたが、2月26日(月)は2回のセッションが行われました。今回、リスケジュールの影響で各チームは2月26日のセッション1、27日のセッション4を選択する必要がありましたが、D’station Racingの#777 アストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3 EVOはセッション4を選び、14時から行われた1回目のテストセッションは走行せず、18時から行われた2回目に出走しました。

18時からのセッションでは、まずはマルコ・ソーレンセン選手がドライブしコースイン。クレメント・マテウ選手、エルワン・バスタード選手へと交代。最後はふたたびマテウ選手が乗り込み、40周を走行しました。

今季はLMGT3となり、非常に多くの車種が競り合うクラスとなっていますが、そんななかD’station Racingの#777 アストンマーティンは11周目にソーレンセン選手が記録した1分54秒693がベストタイムに。クラス6番手と上位で初日を終えることになりました。

2月27日(火)は2回のテストセッションが予定されています。ぜひD’station Racingにご声援よろしくお願いします!

▼▽タイムスケジュール▽▼
○PROLOGUE QATAR■2月27日(火) / 27th February
・10:00-13:00 (日本時間16:00-19:00) 3rd TEST SESSION
・14:00-17:00 (日本時間20:00-23:00) 4th TEST SESSION

○QATAR 1812KM
■2月29日(木) / 29th February
・12:20-13:50(日本時間18:20-19:50) FREE PRACTICE 1
・17:30-19:00(日本時間23:30-25:00) FREE PRACTICE 2
■3月1日(金) / 1st March
・11:00-12:00(日本時間17:00-18:00) FREE PRACTICE 3
・16:00-16:12(日本時間22:00-22:12) QUALIFY LMGT3
・16:40-16:50(日本時間23:40-23:50) HYPER POLE LMGT3
■3月2日(土) / 2nd March
・11:00-(日本時間17:00) RACE

▼▽ライブタイミングはこちらから▽▼
https://live.fiawec.com

▼▽テレビ中継はこちらから▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

2024年のFIA WEC世界耐久選手権開幕戦を前に、当初2月24日(土)〜25日(日)にカタールのルサイル・インターナショナル・サーキットで行われる予定だった事前テストの『PROLOGUE QATAR』でしたが、海上貨物の遅延にともないチームの機材が到着しないトラブルが起きリスケジュールされ、いよいよ2月26日(月)〜27日(火)の2日間行われます。

D’station Racingの#777 アストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3 EVOも遅れの影響を受けましたが、無事にルサイルに到着。ドライバーのマルコ・ソーレンセン選手/エルワン・バスタード選手/クレメント・マテウ選手もカタール入りし、トラックウォークなど2日間、計14時間のテスト走行が行われるPROLOGUE QATARに向けて準備を進めました。

PROLOGUE QATARに続いて、週末は第1戦『QATAR AIRWAYS QATAR 1812KM』が開催されます。ぜひD’station Racingにご声援よろしくお願いします!

▼▽タイムスケジュール▽▼
○PROLOGUE QATAR
■2月26日(月) / 26th February
・14:00-17:00 (日本時間20:00-23:00) 1st TEST SESSION
・18:00-23:00 (日本時間27日00:00-05:00) 2nd TEST SESSION
■2月27日(火) / 27th February
・10:00-13:00 (日本時間16:00-19:00) 3rd TEST SESSION
・14:00-17:00 (日本時間20:00-23:00) 4th TEST SESSION

○QATAR 1812KM
■2月29日(木) / 29th February
・12:20-13:50(日本時間18:20-19:50) FREE PRACTICE 1
・17:30-19:00(日本時間23:30-25:00) FREE PRACTICE 2
■3月1日(金) / 1st March
・11:00-12:00(日本時間17:00-18:00) FREE PRACTICE 3
・16:00-16:12(日本時間22:00-22:12) QUALIFY LMGT3
・16:40-16:50(日本時間23:40-23:50) HYPER POLE LMGT3
■3月2日(土) / 2nd March
・11:00-(日本時間17:00) RACE

▼▽ライブタイミングはこちらから▽▼
https://live.fiawec.com

▼▽テレビ中継はこちらから▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

2024年FIA世界耐久選手権シリーズに参戦するD’station Racingの新型アストンマーティン・ヴァンテージAMR LMGT3のマシンデザインを公開いたします。いよいよ2月29日(木)〜3月2日(土)はカタールで開幕戦を迎えます。

D’station Racing では、国内で №1の人気を誇るモータースポーツである、2024 SUPER GT参戦に合わせ、新プロジェクトを始動しました。

YouTube「D’station Racing RELOADED’」開設

「Reloaded」は D’station Racing が、SUPER GT に再度参戦するにあたり、再装填(Reload)の過去分詞「Reloaded」を用い「マシンの準備は済んだ…」という意味を込めさせていただきました。

2024 SUPER GT 300クラス
どうぞ D’station Racing への応援をよろしくお願いいたします。

#1. BACK TO THE SUPER GT
https://www.youtube.com/watch?v=Hho4dlu0Y4I

D’station Racing RELOADED’/YouTube
https://www.youtube.com/@DstationRacing_RELOADED

2月14日(水)から岡山国際サーキットでスタートしたGT3特別スポーツ走行は、2月15日(木)に2日目を迎えました。初日から藤井誠暢選手のドライブでテストメニューをこなしているD’station Racingは、この日も午前10時からの走行に臨みました。

初日からSUPER GT用タイヤに合わせたセットアップを進め、午後にはトップタイムを記録することができたD’station Racingは、午前のセッションでは耐久テストなどタイヤメニューをこなしたことからタイムとしては1分26秒736と6番手となりましたが、非常に良い内容のメニューを消化しました。

午後2時からのセッションでは、さらにメニューをこなしながら、1分26秒878というタイムでトップで終えることになりました。2日間のテストでは、これまでのアストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3の経験と過去のSUPER GTの経験、タイヤの方向性などをミックスさせながら、想定を上回る充実のメニューをこなし、良い手ごたえでテストを終えることができました。

今後、D’station Racingは新型ヴァンテージAMR GT3 EVOを投入するほか、公式テストからマルコ・ソーレンセン選手も合流、田中哲也スーパーバイザーとともに仕事を進めていきます。チーム力、そしてダンロップタイヤの力を引き出し、良いシーズンを送ることができるよう、全力を尽くしていきます。ぜひD’station Racingにご声援よろしくお願いします!

すでに1月11日(木)にお伝えしたとおり、2024年からD’station Racingが参戦するSUPER GTに向け、2月14日(水)から岡山国際サーキットで行われている特別スポーツ走行に参加しています。

D’station Racingは、2月12日(月)にアストンマーティンから発表された新型ヴァンテージGT3 EVOをSUPER GTにも投入する予定で、すでに御殿場工場に到着しておりますが、チームはアジアン・ル・マン・シリーズ第3戦〜第5戦をドバイ/アブダビで戦っていた関係で、アブダビから直接、岡山へ移動しており、新車を走らせる為のワークショップでの準備期間が全く無いことから、新型ヴァンテージGT3 EVOは今回のテスト参加を見送り、2023年に使用したヴァンテージAMR GT3に、SUPER GTで履くダンロップタイヤを装着して走行しました。

アブダビから直行したチームスタッフは疲れをみせずテストに参加。こちらもアブダビを終えたばかりの藤井誠暢選手がステアリングを握り、これまで国内外で培ってきたヴァンテージAMR GT3のセットアップから、少しずつSUPER GTのハイグリップタイヤに合わせた調整を行っていきました。午前10時から行われたセッション1は1分26秒737で4番手、午後2時からのセッション2は1分26秒507でトップタイムで終えることができました。今後、新型ヴァンテージGT3 EVOを順次投入していくほか、新しいカラーリングも公開予定です。ぜひご期待ください。

また今回のテストから、D’station Racingは田中哲也氏を招聘致しました。今後、SUPER GTを戦っていく上での頼もしい味方として、スーパーバイザーの職を依頼する予定となっています。こちらも決定次第、改めてアナウンスさせていただきます。

いよいよ2024年のSUPER GT参戦へ向けD’station Racingが始動しました。今後公式テスト、開幕戦へ準備を進めていきます。ぜひご声援よろしくお願いします!

2月11日(日)、アラブ首長国連邦のヤス・マリーナ・サーキットでアジアン・ル・マン・シリーズ2023-2024シーズン第4戦/第5戦『アブダビ4時間』の第5戦の決勝レースが行われました。

午後4時から行われた第5戦の決勝では、D’station Racingは8番手からスタート。今回も途中大きなクラッシュにより赤旗中断になるなど波乱に富んだ展開となりましたが、星野敏選手、キャスパー・スティーブンソン選手、藤井誠暢選手と繋ぎながら追い上げるも、途中接触によるペナルティ等もありトップから1周差の13位でレースを終えることになりました。

これで全5戦のアジアン・ル・マン・シリーズ2023-2024シーズンは終了となります。今季もヨーロッパやアジアの強豪たちと戦いながら、多くの経験を得ることができました。ご声援ありがとうございました。

PARTNERS

Aston Martin Racing
ダンロップタイヤ
ENKEI WHEELS
ENDLESS
HRX
HEXIS Graphics
BODYFENCE
H ampersand