NEWS最新情報

5月3〜4日、富士スピードウェイで開催されたSUPER GT第2戦。D’station Racing AMRは、第1戦岡山での不運を乗り越え富士でのレースに臨み、ドライバーたちがチームの頑張りに応え予選では9番手を獲得しました。しかし、決勝では思わぬアクシデントがチームを襲ってしまいます。そんな第2戦のレースレポートを、D’station Racingのホームページにアップ致しました。ぜひご覧ください。

■詳細はこちら
http://dstation-racing.jp/pdf/2019/Dstation_sgt_2019_round2.pdf

5月4日、5万6000人という来場者を集め、SUPER GT第2戦富士の決勝レースが行われました。予選9番手からスタートしたD’station Vantage GT3は、藤井誠暢選手がステアリングを握り、スタート直前に降り出した強い雨のなか、序盤から9番手で上位を追う戦いをみせます。しかし9周目、100Rコーナーで藤井選手はリヤから強い振動を感じ、緊急ピットイン。左リヤタイヤが剥離してしまったための振動だったため、D’station Racing AMRはタイヤを交換。ふたたび藤井選手を送り出します。しかし22周目、ふたたび左リヤタイヤのパンクに見舞われてしまい、藤井選手は再度ピットイン。また、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手に交代してからもまた左リヤタイヤが剥離。なんと3回ものウエットタイヤのトラブルに見舞われてしまいました。

これでD’station Vantage GT3は完全にレースの勝負権を失ってしまいましたが、コースコンディションがドライに転じた後はタイヤのトラブルはなく、今後に向けたデータ収集も兼ね、粘り強くレースを戦い続けました。藤井選手にふたたび交代した後、86周まで周回を重ね、27位でチェッカーフラッグを受けています。
チーム、そしてAMRのエンジニアは、このウエットタイヤのトラブルについて解析を進めていますが、まだ原因は特定できていません。とは言え、レース後半に得た収穫を活かすべく、チームは一丸となって次戦となる第3戦鈴鹿に向けて準備を進めていきます。D’station Vantage GT3を応援してくださった皆さま、ありがとうございました。

SUPER GT第2戦富士『FUJI GT 500km RACE』は5月3日、公式予選が行われました。D’station Vantage GT3は、予選Q1をジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手が担当。「公式練習のときはQ1突破は厳しいかと思っていたけれど、チームがいい改良を加えてくれたよ」とオリベイラ選手は素晴らしいアタックを披露。1分37秒211というタイムで13番手につけ、Q2を担当する藤井誠暢選手に繋ぎます。
D’station Vantage GT3のステアリングを受け取った藤井選手は、「クルマは本当にバランスがいいです。予選は完璧に決めることができましたが、まさかこのタイムが出るとは」と本人も驚きの快走をみせ、1分36秒902というベストタイムで予選9番手を獲得しました!

「性能調整もあり、決勝は厳しいかもしれませんが……」という藤井選手ですが、ドライバーふたりともD’station Vantage GT3のバランスの良さ、タイヤへの優しさは大きな武器になると感じている様子。その武器を活かし、D’station Racing AMRは5月4日(土)の長丁場のレースを戦っていきます。

30 / 70First...1020...2829303132...405060...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
PACIFIC RACING TEAM
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社エアージェイ

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS