NEWS最新情報

6月13日、第87回ル・マン24時間耐久レースの予選2回目と予選3回目が行われました。D’station Racing×DEMPSEY-PROTON RACINGの88号車ポルシェ911 RSRは、予選3回目でマッテオ・カイローリ選手がアタックを決め、3分51秒439というタイムをマーク。星野敏選手/ジョルジオ・ローダ選手/マッテオ・カイローリ選手組がLM-GTE Amクラスのポールポジションを獲得しました!!

予選後、星野選手と藤井誠暢アドバイザーはパトリック・デンプシー共同チームオーナー、そしてドライバーたちと喜びを分かち合いました。「正直、こんなところにいていいのかというくらいの気持ちです。カイローリ選手の素晴らしい走りのおかげですが、このチームに加わることができたのが本当に幸運で、うれしく思っています」と星野選手。自身も予選2回目で「だいぶ慣れることができました」とコースへの慣れも進めています。

WEC富士戦に続くポールポジション獲得の快挙に沸くピットですが、星野選手は「レースではあくまで自分の仕事に徹したいと思います」と謙虚なコメントをくれました。とは言え、チームの雰囲気も最高潮。星野選手も予選後、チームメンバー全員とガッチリと握手を交わしていました。

6月12日、現地時間午後10時から第87回ル・マン24時間耐久レースの予選1回目が行われました。D’station Racing×DEMPSEY-PROTON RACINGの88号車ポルシェ911 RSRは、まずはコースコンディションがいいセッション開始早々に、マッテオ・カイローリ選手が3分52秒454という会心のタイムをマーク。星野敏選手に交代し、星野選手はナイトセッションを体験。しっかりとステアリングを繋ぎ、ジョルジオ・ローダ選手に交代しました。カイローリ選手のタイムにより、88号車ポルシェ911 RSRはLM-GTE Amクラスの暫定ポールポジションを獲得しています!

6月12日、現地時間午後4時からのフリープラクティスで、第87回ル・マン24時間耐久レースの走行がいよいよスタートしました。走行直前まで雨が降る難しいコンディションのなか、D’station Racing×DEMPSEY-PROTON RACINGのポルシェ911 RSRをドライブする星野敏選手は路面が乾き始めてからコースインしますが、走行直後濡れた路面にロックさせてしまい、コースオフを喫してしまいます。

幸いマシンのダメージも最小限で、セッション後半にふたたびコースイン。マッテオ・カイローリ選手が3分56秒282をマークし、クラス5番手でフリープラクティスを終えています。星野選手も終盤ふたたびコースインし、フィーリングを確認しました。

2 / 4812345...102030...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
横浜ゴム株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
プーマジャパン株式会社
EMGルブリカンツ合同会社
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社エアージェイ
株式会社ケテル
株式会社ケテルレースサービス
株式会社MAKEWINNER

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS