NEWS最新情報

9月18日(土)、三重県の鈴鹿サーキットでスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第5戦『SUZUKA S耐』の公式予選が行われました。
台風14号の接近のため、午前のフリー走行がキャンセルされ、またBドライバーから先にアタックを行うスケジュールに変更された予選日でしたが、昼ごろから晴天に。

そんななか、ST-Xクラスの星野敏選手/藤井誠暢選手/近藤翼選手組#777 D’station Vantage GT3は、まずはBドライバー予選で藤井誠暢選手が2分03秒449をマーク。Aドライバー予選では、星野敏選手が2分05秒130をマークし、合算で3番手グリッドを獲得しました。

一方、ST-Zクラスの星野辰也選手/織戸学選手/篠原拓郎選手/浜健二選手組#47 D’station Vantage GT4は、Bドライバー予選で織戸学選手が2分12秒981をマーク。Aドライバー予選では星野辰也選手がコースアウトするシーンがあったものの、クラッシュはなく2分14秒564を記録。クラス2番手と好位置につけています。

2021年 第89回ル・マン24時間耐久レース (フランス)のフォトギャラリーを公開しました。

⇒詳細はこちら
Click here

D’station Racingが新たに挑戦する「2021年/22年 ル・マン バーチャル シリーズ」の年間エントリーリストが公開されました。

世界から38チーム、計173名のドライバーがエントリーし、F1、IndyCar、WEC、IMSA、FIA F2、FIA F3、Formula E、GT World Challengeなどで活躍する多くのプロドライバーに加え、世界のトップeスポーツドライバーの参戦も発表されました。

D‘station Racingは、FIAドライバーカテゴライズを保有する2名以上のプロドライバー枠に、FIA世界耐久選手権シリーズのレギュラードライバーである藤井誠暢選手、アンドリュー・ワトソン選手に加えて、日本で長年キャリアを築き、全日本F3、SUPER FORMULA、SUPER GTのシリーズチャンピオンを獲得した実績豊富なジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手を起用。

また、eスポーツドライバー枠には、2016年グランツーリスモ世界チャンピオンに輝いた冨林勇佑選手と、D’station Racingが国内で参戦しているeスポーツ大会「AUTOBACS JeGT GRAND PRIX」でレギュラードライバーとして参戦する野島俊哉選手の日本人選手2名を起用。世界へ挑戦するチャンスを提供していきます。

■2021年/22年 ル・マン バーチャル シリーズ エントリーリスト 2021年9月14日
https://traxion.gg/le-mans-virtual-series-driver-entry-list-announced-for-2021-22-season/

——————

■Press Release / プレスリリース 2021年9月8日
http://dstation-racing.jp/pdf/2021/20210908-J.pdf (日本語版)
http://dstation-racing.jp/pdf/2021/20210908-E.pdf (English version)

■Le Mans Virtual Series
https://lemansvirtual.com/

2 / 11912345...102030...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS