NEWS最新情報

9月23日(金)、岡山県の岡山国際サーキットでファナテック・GTワールドチャレンジ・アジア・パワード・バイAWSの走行2日目となるフリープラクティス/オフィシャルプラクティス/ペイド・ブロンズテストが行われました。

星野敏選手/藤井誠暢選手のコンビで臨むD’station Racingの47号車アストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3は、12時にスタートしたフリープラクティスでは30周を走り1分29秒662で4番手に。午後3時30分にスタートしたオフィシャルプラクティス/ペイド・ブロンズテストでは33周をこなし、1分29秒528でトップにつけプラクティスを締めくくりました。

トップタイムで終えた2日間のプラクティスですが、比較的ロングランに手ごたえを感じており、決勝レースに向けて期待を高める2日間となりました。9月24日(土)は予選、そして決勝レース1が行われます。

▼▽タイムスケジュール▽▼

■9月24日(土)/ 24th September
・10:37-10:52 Qualifying 1
・10:59-11:14 Qualifying 2
・14:50-15:55 Race 1

■9月25日(日)/ 25st September
・11:40-12:45 Race 2

▼▽ライブタイミングはこちらから▽▼
https://www.gt-world-challenge-asia.com/watch-live

▼▽J SPORTS/J SPORTSオンデマンド▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/gt_worldchallenge_asia/

9月22日(木)〜25日(日)、岡山県の岡山国際サーキットでファナテック・GTワールドチャレンジ・アジア・パワード・バイAWSの2022年最終ラウンドとなる、第5ラウンドが開催されます。9月22日(木)は走行初日となるペイドプラクティスが2回行われました。

今回も星野敏選手/藤井誠暢選手のコンビで臨むD’station Racingの47号車アストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3は、曇り空のもとスタートした午前10時30分からのプラクティス1回目では、27周を走行。終盤他車のクラッシュで赤旗中断となった後は走行を打ち切り、1分29秒439というベストタイムで、トップで走行を終えました。

走行1回目の後からポツポツと雨が舞っていた岡山国際サーキットですが、午後2時からのプラクティス2回目では、走行開始直後から雨脚が強まってしまいます。11周をこなした後、走行を終えることになりましたが、1分29秒825というベストタイムで3番手につけ、初日を終えました。

 9月23日(金)はふたたび2回のプラクティス、そしてブロンズドライバーテストが行われます。

▼▽タイムスケジュール▽▼

■9月23日(金)/ 23rd September
・12:00-13:00 Free Practice
・15:30-16:40 Official Practice
・16:30-17:00 Paid Bronze Testing

■9月24日(土)/ 24th September
・10:37-10:52 Qualifying 1
・10:59-11:14 Qualifying 2
・14:50-15:55 Race 1

■9月25日(日)/ 25st September
・11:40-12:45 Race 2

▼▽ライブタイミングはこちらから▽▼
https://www.gt-world-challenge-asia.com/watch-live

▼▽J SPORTS/J SPORTSオンデマンド▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/gt_worldchallenge_asia/

D’station Racingは、世界最高峰のバーチャルレースとしてル・マン24時間のレース主催者であるACOやFIA世界耐久選手権シリーズのオーガナイザーの監修により運営される、2022年/23年 ル・マン バーチャル シリーズへ参戦いたします。

2年目の挑戦となる今シーズンは、Simレーシングやeスポーツで豊富な実績を持つ選手に幅広くチャンスを提供するために、7月上旬にオンラインでのドライバー選考会を実施しました。

多数の1次選考応募者からオンラインサーバー上での2次選考へ進出した、11カ国、12名による最終選考でのタイムアタック及びロングランアベレージタイム等の選考より、3名のSimドライバーとして、マーク・ヴァイト 選手(ドイツ)、レミー・デローム 選手(フランス)、昨年も所属ドライバーとして活躍した野島俊哉 選手の3選手を選出しました。

また、最低1名の登録が必要となるFIAドライバーカテゴライズを有するプロドライバー枠は、D’station RacingからFIA世界耐久選手権シリーズへ参戦するチャーリー・ファグ 選手(イギリス)を起用し、4名のドライバー体制で今週末の9月17日に開幕する第1戦のバーレーン戦から、2023年の1月中旬に最終戦として開催されるル・マン24時間レースまでの全5戦に挑んでいきます。

参戦体制及び開催スケジュールは下記の通りです。
大会公式YouTubeでのライブストリーミング配信にて、ご声援を宜しくお願いいたします。

■公式サイト: https://lemansvirtual.com/
■ライブストリーミング: https://www.youtube.com/traxiongg

■プレスリリース
2022年-23年ル・マン バーチャル シリーズ参戦のお知らせ
http://dstation-racing.jp/pdf/2022/20220916-J.pdf (日本語版)
http://dstation-racing.jp/pdf/2022/20220916-E.pdf (English version)

2 / 15012345...102030...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
TF SPORT
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
マジェスティ
SPORESH
NEXUSフェンシングクラブ
天然温泉 湯楽部
ZIMA
ごはん&カフェ Moment
矢中食堂
D'STATION RACERS