NEWS最新情報


D’station Racingは来週末の「NAPAC 富士 SUPER TEC 24時間レース」より開幕を迎える、2020年ピレリ・スーパー耐久シリーズ(ST-Xクラス、ST-Zクラス)へ計2台体制にて参戦いたします。

チームを牽引する元メジャーリーガーの“大魔神”こと佐々木主浩 総監督のもと、最高峰のST-Xクラスは昨年2勝を挙げシリーズランキング2位を獲得した体制を継続。星野敏 選手、藤井誠暢 選手、近藤翼 選手のトリオで2年目となるAston Martin Vantage AMR GT3でシリーズチャンピオン獲得を目指します。(※富士24時間レースのDドライバーは元嶋佑弥 選手を起用)

ST-Zクラスは、一昨年、昨年とST-1クラスで2年連続のシリーズチャンピオンを獲得した、星野辰也 選手、織戸学 選手、浜健二 選手がトリオを組み、国内初登場となるAston Martin Vantage AMR GT4で激戦のST-Zクラスへ挑戦します。(※富士24時間レースのCドライバーは篠原拓朗 選手、Dドライバーは銘苅翼 選手を起用)

また、本年も当チーム母体のNEXUSグループでは、ピレリ・スーパー耐久シリーズの大会スポンサーとしてシリーズの発展に貢献いたします。
参戦体制は下記の通りです。皆様のご声援を宜しくお願いいたします。

■参戦体制 / Team details
Category : スーパー耐久
Team Name : D’station Racing
Team Principal : 星野敏
Team General Manager : 佐々木主浩
Maintenance : D’station Racing

■ST-X Class
Car Number : 777
Car : Aston Martin Vantage AMR GT3
Car Name : D’station Vantage GT3
Driver : A 星野敏 / B 藤井誠暢 / C 近藤翼 /(第1戦:D 元嶋佑弥 )

■ST-Z Class
Car Number : 47
Car : Aston Martin Vantage AMR GT4
Car Name : D’station Vantage GT4
Driver : A 星野辰也 / B 織戸学 / C 浜健二 / (第1戦:C 篠原拓朗 / D 銘苅翼)

■2020年ピレリ・スーパー耐久シリーズ参戦体制のお知らせ
http://dstation-racing.jp/pdf/2020/20200826.pdf

酷暑のなか開催されたSUPER GT第3戦鈴鹿。そんなレースを粘り強く戦い、見事ポイントゲットを果たしたPACIFIC NAC D’station Vantage GT3の第3戦レースレポートを下記に掲載しました。ぜひご覧ください。

■詳細はこちら
http://dstation-racing.jp/pdf/2020/Dstation_sgt_2020_round3.pdf

7月30日(木)、富士スピードウェイでピレリスーパー耐久シリーズの公式テストが行われました。D’station Racingは、ST-Xクラスの#777 Aston Martin Vantage GT3を星野敏選手/藤井誠暢選手/近藤翼選手というおなじみのトリオに加え、海外で豊富な実績を残してきた金丸ユウ選手を起用。4人でステアリングを握りました。
一方ST-Zクラスでは日本初登場となる#47 Aston Martin Vantage GT4に、星野辰也選手/浜賢二選手/織戸学選手という3人に加え、若手の篠原拓朗選手、銘苅翼選手を加え5人体制で臨みました。

この日の富士スピードウェイは、午前10時30分からのセッション1走りはじめこそ曇天だったものの、ポツポツと雨が降り出し、路面はウエットに。そんななか、#777 Vantage GT3の藤井誠暢選手が早々にマークした1分47秒116でST-Xクラスのトップタイムに。一方#47 Vantage GT4は、織戸学選手が記録した1分55秒918がST-Zクラスのトップタイム。両クラスともトップ発進をみせました。

午後2時50分からスタートしたセッション2は、曇天のもとドライでの走行となりましたが、ここでも#777 Vantage GT3は藤井誠暢選手が1分41秒103えをマーク。ライバルとのタイム差は僅差ながら、ここでもトップタイムに。#47 Vantage GT4は、織戸学選手が1分50秒326をマークし、4番手につけました。
この日は、午後6時50分から富士24時間に向けたナイトセッションも設けられましたが、D’station Racingの2台は、霧雨のなかナイトランの義務周回をこなしながら、セットアップでも好材料を見つけ、ここでも藤井誠暢選手が1分41秒912というトップタイムを記録。全セッション首位で終えることに成功しました。#47 Vantage GT4も1分58秒159を記録し、トラブルなくテストを終えています。D’station Racingにとって実り多きテストとなりました。

12 / 31First...1011121314...2030...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS