NEWS最新情報

D’station Racingは、世界最高峰のバーチャルレースとしてル・マン24時間のレース主催者であるACOやFIA世界耐久選手権シリーズのオーガナイザーの監修により運営される、2022年/23年 ル・マン バーチャル シリーズへ参戦いたします。

2年目の挑戦となる今シーズンは、Simレーシングやeスポーツで豊富な実績を持つ選手に幅広くチャンスを提供するために、7月上旬にオンラインでのドライバー選考会を実施しました。

多数の1次選考応募者からオンラインサーバー上での2次選考へ進出した、11カ国、12名による最終選考でのタイムアタック及びロングランアベレージタイム等の選考より、3名のSimドライバーとして、マーク・ヴァイト 選手(ドイツ)、レミー・デローム 選手(フランス)、昨年も所属ドライバーとして活躍した野島俊哉 選手の3選手を選出しました。

また、最低1名の登録が必要となるFIAドライバーカテゴライズを有するプロドライバー枠は、D’station RacingからFIA世界耐久選手権シリーズへ参戦するチャーリー・ファグ 選手(イギリス)を起用し、4名のドライバー体制で今週末の9月17日に開幕する第1戦のバーレーン戦から、2023年の1月中旬に最終戦として開催されるル・マン24時間レースまでの全5戦に挑んでいきます。

参戦体制及び開催スケジュールは下記の通りです。
大会公式YouTubeでのライブストリーミング配信にて、ご声援を宜しくお願いいたします。

■公式サイト: https://lemansvirtual.com/
■ライブストリーミング: https://www.youtube.com/traxiongg

■プレスリリース
2022年-23年ル・マン バーチャル シリーズ参戦のお知らせ
http://dstation-racing.jp/pdf/2022/20220916-J.pdf (日本語版)
http://dstation-racing.jp/pdf/2022/20220916-E.pdf (English version)

D’station Racingは、世界最高峰のバーチャルレースとしてル・マン24時間のレース主催者であるACOやFIA世界耐久選手権シリーズのオーガナイザーの監修により運営される、2022年/23年 ル・マン バーチャル シリーズ参戦(9月17日 バーレーンを舞台に開幕)にあたり、年間エントリードライバーのオンライン選考会を実施いたします。

書類による一次選考の後、二次選考では実際に競技で使用するPC用ソフトウェア「rFactor2」(アールファクター2)を用いて、指定するプライベートサーバー上で予選及び決勝シュミレーションを行い、年間エントリードライバー及びリザーブドライバーを選出いたします。

シリーズ初開催となった2021年/22年シリーズは、世界から38チーム、計173名のドライバーがエントリーし、F1、IndyCar、WEC、IMSA、FIA F2、FIA F3、Formula E、GT World Challengeなどで活躍する多くのプロドライバーに加え、世界のトップeスポーツドライバーの参戦し多くの注目を集めました。

選出者には当レース参戦を通じて、世界のトップバーチャルレースで活躍できるチャンスを幅広く提供いたします。

応募方法及び選考基準は以下をご覧ください。
多数のご応募をお待ちしております。

■プレスリリース
2022年-23年ル・マン バーチャル シリーズ参戦へ向けた eスポーツドライバーのオンライン選考会を実施
http://dstation-racing.jp/pdf/2022/20220627_J.pdf (日本語版)
http://dstation-racing.jp/pdf/2022/20220627_E.pdf (English version)

■申し込みフォーム
https://forms.gle/AA3sLSzZx1fMuauj6 (日本語版)
https://forms.gle/JZxFYxiif8S4JzEK7 (English version)

ル・マン24時間のレース主催者であるACOやFIA世界耐久選手権シリーズのオーガナイザーの監修により運営される「2021年/22年 ル・マン バーチャル シリーズ第5戦」が「ル・マン24時間レース」を舞台に1月15日(土)~16日(日)に開催されました。

今回もFIA Proドライバー枠にジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手、eスポーツドライバー枠に冨林勇佑選手と野島俊哉選手を登録。2名の日本人eスポーツ選手が世界レベルの同大会へ挑戦するチャンスを提供、また4人目のドライバーンにはバーチャルレースでの実績も豊富な安岡秀徒選手を起用しました。

1月14日(金)に行われた公式予選では、Simドライバーの野島俊哉選手がタイムアタックを担当し15番手のタイムを記録しました。1月15日(土)にスタートした24時間の決勝レースでは、ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手がスタートから11位まで順位を上げ、その後、冨林勇佑選手へ繋ぎ好調にレースを進めていましたが、コンピューターサーバー上の問題により、55周目にピットロードでLMPマシンに追突されるクラッシュにより残念ながらリタイアに終わりました。

沢山のご声援をありがとうございました。

1 / 3123

PARTNERS

Aston Martin Racing
TF SPORT
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
マジェスティ
SPORESH
NEXUSフェンシングクラブ
天然温泉 湯楽部
ZIMA
ごはん&カフェ Moment
矢中食堂
D'STATION RACERS