NEWS最新情報

10月3日(土)、午後2時からAUTOBACS SUPER GT第5戦『たかのこのホテル FUJI GT300km RACE』の公式予選が行われました。PACIFIC – D’station Racingは藤井誠暢選手がノックアウト予選Q1のA組に出走。しっかりとウォームアップを行いミスなくアタックを展開しましたが、コンディションの影響が大きく、1分37秒914というタイムでA組の13番手という結果となりました。10月4日(日)の決勝レースは25番手から追い上げを目指します。

2020年SUPER GT Rd4 ツインリンクもてぎのフォトギャラリーを公開いたしました。

⇒詳細はこちら

9月13日、栃木県のツインリンクもてぎでSUPER GT第4戦『FUJIMAKI GROUP MOTEGI GT 300km RACE』の決勝レースが行われました。PACIFIC NAC D’station Vantage GT3は予選7番手から藤井誠暢選手がスタートを担当。序盤からペースも良好で、6番手を追うレースを展開していきます。

心配された雨もなく、ペースを保ったまま藤井選手は20周を終えピットに向かうと、ケイ・コッツォリーノ選手に交代。コッツォリーノ選手は前半とは異なるタイヤを履き快調なペースで周回を重ねると、35周目には前を走る#25 ポルシェを絶妙なバトルでオーバーテイク。全車がピットインを終えると5番手につけます。

セーフティカーが2回発生する荒れた展開のなか、終盤56周目には2番手につけていた#360 GT-Rがストップ。これでPACIFIC NAC D’station Vantage GT3は4番手に浮上し、表彰台も見える位置につけます。4位フィニッシュでも、アストンマーティン・ヴァンテージAMR GT3にスイッチ後最上位となり、十分な好結果と言えるものでした。
ただチームが喜びに沸いていたファイナルラップ、まさかの事態が発生します。バックストレートで、なんとPACIFIC NAC D’station Vantage GT3にガス欠症状が発生。力なく順位を落としてしまい、なんとかチェッカーを受けたものの、セーフティカーで順位が詰まっていたこともあり、18位という結果に終わってしまいました。

レース後、PACIFIC – D’station Racingは検証を重ねましたが、まだ燃料は残っている状況でした。電気系か、もしくはポンプ関連のトラブルかはまだ英アストンマーティン・レーシングと確認中ですが、非常に悔しい結果となってしまいました。
とはいえスピードという面では大きな成長を果たした一戦となりました。チームは次戦富士に向け、ふたたび好結果を目指し戦っていきます。

5 / 43First...34567...102030...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
PACIFIC RACING TEAM
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社エアージェイ

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS