NEWS最新情報

多くのファンを集め、快晴のもと行われたSUPER GT第6戦鈴鹿。PACIFIC NAC D’station Vantage GT3は公式予選Q2進出を果たし、決勝でも上位を争う戦いをみせましたが、セーフティカーのタイミングで勝負権を失う戦いに。またタイヤの厳しさも再発してしまいました。
そんな第6戦レースレポートを下記に掲載しました。ぜひご覧ください。

■詳細はこちら
http://dstation-racing.jp/pdf/2020/Dstation_sgt_2020_round6.pdf

2020年SUPER GT Rd6 鈴鹿サーキットのフォトギャラリーを公開いたしました。

⇒詳細はこちら

10月25日(日)、SUPER GT第6戦『FUJIMAKI GROUP SUZUKA GT 300km RACE』の決勝レースが行われました。PACIFIC NAC D’station Vantage GT3は、ケイ・コッツォリーノ選手がスタートを担当。4周目には10番手にポジションを上げ、ポイント圏内に浮上します。その後も得点を争うレースを展開していましたが、GT500クラスが22周目に入ったところで、S字で起きたアクシデントにより、レースはセーフティカーが導入されてしまいます。

これでまだピットインを行っていなかったPACIFIC NAC D’station Vantage GT3は、大きくポジションを落としてしまいます。リスタート後、25周でピットインを行い、コッツォリーノ選手から藤井誠暢選手に交代、追い上げを目指しますが、タイヤの状況が厳しくなり、42周を終えて再度ピットイン。最終的に24位でレースを終えることになりました。

2戦続けて悔しい結果に終わっていますが、次戦の舞台であるツインリンクもてぎは第4戦で好レースを展開したサーキット。好結果を得るべく、ふたたび気持ちを切り替えて挑みます。

1 / 4112345...102030...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
PACIFIC RACING TEAM
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社エアージェイ

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS