NEWS

6月10日(土)、100周年記念大会の第91回ル・マン24時間耐久レースはいよいよ決勝レースのスタートが切られました。星野敏選手/藤井誠暢選手/キャスパー・スティーブンソン選手の3人がステアリングを握るD’station Racingの#777 アストンマーティン・ヴァンテージAMR GTEは、最後尾から藤井選手がスタートドライバーを務め、クラッシュや降雨などが相次ぐ非常に荒れた展開のなかで、「完走を目標」とした3人のドライバーが交代しながら少しずつ追い上げを図っていきました。

しかし、スタート直後からギヤのエラーが出はじめており、それがきっかけで接触等が起きてしまう状況に陥ってしまいます。その後どんどん症状が酷くなり、14時間ほどを走った朝方、藤井選手のドライブ中、どこにもギアが入らない状態となってしまいました。

藤井選手はさまざまなトライを試みましたが、最後は電気系がすべてシャットダウンしてしまい、残念ながらリタイアを決断することとなってしまいました。
フリープラクティス1のクラッシュから、なんとかリカバリーを目指して決勝も戦ってきましたが、目標の完走はトラブルのため果たせずとなってしまいました。皆さまご声援ありがとうございました。

6月9日(金)、100周年記念大会の第91回ル・マン24時間耐久レースは、歴史あるドライバーズパレードが開催されました。クラシックカーに乗り、沿道に詰めかけた大勢のファンの方にグッズを配りながらパレードを行い、世界中から集まったファンの歓声に応えました。

いよいよ明日、現地時間16時(日本時間23時)に決勝がスタートします!

▼▽タイムスケジュール▽▼

■6月10日(土)/ 10th June
・12:00-12:15 (日本 19:00-19:15) Warm up
・16:00 (日本 23:00) Start of the 91st 24 Hours of Le Mans

■6月11日(日)/ 11th June
・16:00 (日本 23:00) 91st 24 Hours of Le Mans finish

▼▽ライブタイミングはこちらから▽▼
https://live.24h-lemans.com/en/live

▼▽日本での視聴はJ SPORTS/J SPORTSオンデマンドより▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

6月8日(木)、100周年記念大会の第91回ル・マン24時間耐久レースは、フリープラクティス3/ハイパーポール/フリープラクティス4が行われました。

星野敏選手/藤井誠暢選手/キャスパー・スティーブンソン選手の3人がステアリングを握るD’station Racingの#777 アストンマーティン・ヴァンテージAMR GTEは、6月7日(水)のフリープラクティス1で喫したクラッシュの修復のため、急遽イギリスにあるTF SPORTのファクトリーから夜を徹して新たな車体を移送。クラッシュした車体から必要な部分を移し替える作業を行いました。

フリープラクティス3には参加することはできませんでしたが、現地時間22時からのフリープラクティス4には修復が間に合い、まずはスティーブンソン選手が初出場のドライバーに課せられる5周を周回。星野選手、藤井選手とラップし、合計13周を走行しました。

6月9日(金)は走行はありませんが、プレスカンファレンスやル・マン市内でのパレードが行われます。

▼▽タイムスケジュール▽▼

■6月9日(金)/ 9th June
・14:00-16:30 (日本 21:00-23:30) Driver’s Parade

■6月10日(土)/ 10th June
・12:00-12:15 (日本 19:00-19:15) Warm up
・16:00 (日本 23:00) Start of the 91st 24 Hours of Le Mans

■6月11日(日)/ 11th June
・16:00 (日本 23:00) 91st 24 Hours of Le Mans finish

▼▽ライブタイミングはこちらから▽▼
https://live.24h-lemans.com/en/live

▼▽日本での視聴はJ SPORTS/J SPORTSオンデマンドより▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

6月7日(水)、いよいよ100周年記念大会となる第91回ル・マン24時間耐久レースのフリープラクティス1がスタートしました。

星野敏選手/藤井誠暢選手/キャスパー・スティーブンソン選手の3人がステアリングを握るD’station Racingの#777 アストンマーティン・ヴァンテージAMR GTEは、藤井選手から走行を開始。4周を走り、スティーブンソン選手に交代しました。

スティーブンソン選手はその後も走行を続けましたが、セッション開始からちょうど半分になろうというタイミングで、なんらかのトラブルが起きたかテルトル・ルージュアウト側のガードレールにクラッシュを喫してしまいます。コース上に跳ね返された#777 アストンマーティン・ヴァンテージAMR GTEでしたが、さらにダブルイエローフラッグが振られていたにも関わらず、LMP2車両がヒットしてしまいました。

スティーブンソン選手はサーキットのメディカルセンターに搬送され、検査の結果怪我等はないことが確認されましたが、アストンマーティン・ヴァンテージAMR GTEは激しいダメージを受け、全損状態となってしまいました。今後、予選/決勝に向けてどう臨んでいくかは関係各所と協議していくことになります。

▼▽タイムスケジュール▽▼

■6月8日(木)/ 8th June
・15:00-18:00 (日本 22:00-01:00) Free Practice 3
・20:00-20:30 (日本 03:00-03:30) Hyperpole
・22:00-24:00 (日本 05:00-07:00) Free Practice 4

■6月9日(金)/ 9th June
・14:00-16:30 (日本 21:00-23:30) Driver’s Parade

■6月10日(土)/ 10th June
・12:00-12:15 (日本 19:00-19:15) Warm up
・16:00 (日本 23:00) Start of the 91st 24 Hours of Le Mans

■6月11日(日)/ 11th June
・16:00 (日本 23:00) 91st 24 Hours of Le Mans finish

▼▽ライブタイミングはこちらから▽▼
https://live.24h-lemans.com/en/live

▼▽日本での視聴はJ SPORTS/J SPORTSオンデマンドより▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

D’station Racingのチーム母体であるNEXUSグループは、創業以来、フェンシング競技、モータースポーツ活動、これまでの多くのスポーツ支援、そこから発展したスポーツ振興財団の設立まで、NEXUSの歴史はスポーツとともに歩んできました。

この想いをひとつの形として多くの方に知って頂きたく始動した「NEXUS Sports Future」の第2回では、星野敏 NEXUSグループ代表 / D’station Racingチームオーナーの記事が公開されました。

■第2回
https://dstation-racing.jp/pdf/2023/NEXUS-sports-future_vol_2.pdf

■第1回
https://dstation-racing.jp/pdf/2023/NEXUS-sports-future_vol_1.pdf

■NEXUS Sports Future
https://nexus-sports.or.jp/sports-future/

6月4日(日)は、100周年大会を迎える第91回 ル・マン24時間耐久レースのテストデーが、午前3時間、午後3時間の計6時間の走行枠で行われました。

コースコンディションを確認しながら、星野敏選手、藤井誠暢選手、キャスパー・スティーブンソン選手が交代しながらテストメニューを進めていき、セッション1は3分58秒316で7番手、セッション2も3分56秒727で7番手のタイムを記録。マシンのバランスを煮詰めながら順調にメニューを消化することができました。 

6月5日(月)〜6日(火)はメンテナンスデー、さらに世界各国から訪れるメディア対応の時間が設けられ、いよいよ6月7日(水)からはレースウィークの公式スケジュールがスタートします。

▼▽タイムスケジュール▽▼

■6月7日(水)/ 7th June
・14:00-17:00 (日本 21:00-24:00) Free Practice 1
・19:00-20:00 (日本 02:00-03:00) Qualifying 1
・22:00-24:00 (日本 05:00-07:00) Free Practice 2

■6月8日(木)/ 8th June
・15:00-18:00 (日本 22:00-01:00) Free Practice 3
・20:00-20:30 (日本 03:00-03:30) Hyperpole
・22:00-24:00 (日本 05:00-07:00) Free Practice 4

■6月9日(金)/ 9th June
・14:00-16:30 (日本 21:00-23:30) Driver’s Parade

■6月10日(土)/ 10th June
・12:00-12:15 (日本 19:00-19:15) Warm up
・16:00 (日本 23:00) Start of the 91st 24 Hours of Le Mans

■6月11日(日)/ 11th June
・16:00 (日本 23:00) 91st 24 Hours of Le Mans finish

▼▽ライブタイミングはこちらから▽▼
https://live.24h-lemans.com/en/live

▼▽日本での視聴はJ SPORTS/J SPORTSオンデマンドより▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

いよいよフランスはサルト県にあるサルト・サーキットで、2023年FIA世界耐久選手権シリーズ第3戦ル・マン24時間100周年大会が開催されます。D’station Racingはこの伝統の一戦に向け、6月2日(金)にドライバーが移動。ル・マン市内にあるリパブリック広場で恒例の公開車検に臨みました。

6月3日(土)はドライバーズブリーフィングやチームミーティングを行い、いよいよ明後日、6月4日(日)はテストデーがスタートします。

▼▽タイムスケジュール▽▼

■6月4日(日)/ 4th June
・10:00-13:00 (日本17:00-20:00) Session 1
・15:30-18:30 (日本22:30-25:30) Session 2

▼▽ライブタイミングはこちらから▽▼
https://24h-lemans.tv/

▼▽日本での視聴はJ SPORTS/J SPORTSオンデマンドより▽▼
https://www.jsports.co.jp/motor/wec/

D’station Racingは、 「2023年 FIA世界耐久選手権シリーズ(FIA World Endurance Championship)」 およびシリーズ第4戦として開催され、2023年6月に100周年を迎える「第91回 ル ・ マン24時間レース」へAston Martin Vantage GTEにてLMGTE-Amクラスへ継続参戦いたします。

詳細は下記のプレスリリースをご覧ください。

— /////// ———————————————————————————————————

D’station Racing announces its Japan entry in the 2023 FIA World Endurance Championship and the 91st 24 Hours of Le Mans,which will be the fourth round of the series and the 100th anniversary of the historic endurance race. For further schedule and team details please access the links below.

■Press Release / プレスリリース 2023年1月10日
https://dstation-racing.jp/pdf/2023/20230110-J.pdf (Japanese version)
https://dstation-racing.jp/pdf/2023/20230110-E.pdf (English version)

2022年6月4〜12日に開催されたFIA WEC世界耐久選手権第3戦・第90回ル・マン24時間耐久レース。世界三大レースのひとつに挑んだD’station Racingの2回目の挑戦は、決勝レースまで大いに手ごたえを得ていましたが、決勝レースはマシントラブルにより悔しいリタイアという結果となりました。

そんな一戦のレースレポートを下記に掲載しました。是非、ご覧ください。

■詳細はこちら
https://dstation-racing.jp/pdf/2022/Dstation_WEC_2022_round3.pdf

FIA WEC世界耐久選手権第3戦・第90回ル・マン24時間耐久レースは6月11日(土)、晴天のもと決勝レースのスタートが切られました。グランドスタンドやキャンプエリアに多くのファンが戻り、これぞル・マンという雰囲気のもと、星野敏選手/藤井誠暢選手/チャーリー・ファグ選手の3人がドライブするD’station Racingの#777 アストンマーティン・ヴァンテージAMR GTEは、藤井選手がスタートドライバーを務めました。

藤井選手は17番手からスタートすると、序盤からマシンをセーブしながらもバトルを勝ち抜きながらポジションを上げていき、ダブルスティントをこなした後、ファグ選手に交代。こちらもダブルスティントを走り、1時間後には15番手、2時間後には9番手、3時間後には6番手とポジションを上げていきます。

その後、星野選手もダブルスティントを走り最初の大役をこなした後、夜を迎えたレースで藤井選手、ファグ選手と交代しながら走行を続けていましたが、7時間52分を走った時点でファグ選手がヴァンテージAMR GTEに異常を感じ取りました。ピットイン後チェックを行いましたが、シャシーのメンバーにダメージが見つかり、コース内では修復が不可能という判断が下され、残念ながらリタイアが決まりました。

今季は絶えずトップ10を争い、上位争いができる手ごたえを感じ取っていただけに悔しい結果となりました。しかし2023年も再度チャレンジしたいと考えています。今季は富士戦も復活の予定となっておりますが、WECの残りシーズン、そして来季と挑戦を続けていきます。日本からもたくさんのご声援、ありがとうございました。

詳細なレースレポートは今後お届け致します。

PARTNERS

Aston Martin Racing
ダンロップタイヤ
ENKEI WHEELS
ENDLESS
HRX
HEXIS Graphics
BODYFENCE
H ampersand