NEWS最新情報

10月8日~9日にツインリンクもてぎでSUPER GT公式テストが行われました。ポルシェ得意のモテギでD’station Porscheの仕上がりは順調で、1日目は午前:3位、午後2位、2日目は午前:2位、午後:4位と安定した速さを魅せていました。

「今日の午後はロングランしかしていませんが、ユーズドタイヤでもタイムも良いですし、最終戦のときの気温に合いそうなタイヤのパフォーマンスも高かったです。クルマも足回りのセットを試し、もてぎに合うものが見つけられたと思っています。平均的にスピードがありますし、この最終戦が最大のチャンスになると思います」と藤井誠暢選手は大きな手ごたえを感じた様子です。

今回、スヴェン・ミューラー選手が参加していないこともあり、2日間8時間の走行となりましたが、「昨年ももてぎはパンクさえなければ勝てるレースだったと思いますし、今年はリベンジで、きっちり勝って終わりたいですね。その意味では完璧なテストでした。僕も8時間走り、クールスーツもドリンクも使わなかったですが大丈夫でした」と藤井選手は笑顔でタフネスぶりをみせています。

次戦SUPER GTは10月20〜21日のオートポリス戦。D’station Porscheにとって決して得意なコースではありませんが、好結果で最終戦に繋げるべく、チーム一丸となって挑みます。

2018年SUPER GT第6戦のフォトギャラリーを公開いたしました。

⇒詳細はこちら

SUPER GT第6戦『SUGO GT 300km RACE』は9月16日、81周の決勝レースが行われました。スヴェン・ミューラー選手がスタートを担当したD’station Porscheは、予選19番手からレースに臨み、序盤ライバルたちと熾烈なバトルを展開していきます。しかしフロントタイヤが苦しくなりはじめると、ミューラー選手のペースも落ち始めてしまいます。

そのためチームは、ミニマムとなる23周を終えてミューラー選手をピットに戻し、藤井誠暢選手に交代します。藤井選手はその後53周ものロングスティントを戦わなければならなくなりますが、高い集中力でタイヤをマネージメント。終盤になるとレースも荒れ始めますが、そんななか少しずつポジションを上げ、12位でフィニッシュしました。

残念ながらポイント獲得はなりませんでしたが、ウエイトハンデが最も重い中で粘り強い戦いをみせてくれました。詳細なレポートは後日アップ致します。

32 / 45First...1020...3031323334...40...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
TF SPORT
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
マジェスティ
SPORESH
NEXUSフェンシングクラブ
天然温泉 湯楽部
ZIMA
ごはん&カフェ Moment
矢中食堂
D'STATION RACERS