NEWS最新情報

3月25日、イギリスのシルバーストーン・サーキットで2021年WEC世界耐久選手権シリーズへ参戦する、#777 D’station RacingのAston Marin Vantage GTEのシェイクダウン走行を行いました。

WECプログラムは、2020年の第88回ル・マン24時間レースにおいてLMGTE-Amクラス優勝を果たし、2019年/2020年のWEC世界耐久選手権シリーズ2位を獲得したイギリスの名門チーム「TF SPORT」内に活動の拠点を構えており、D’station RacingのWECプログラムを担当するイギリス人のエンジニア、メカニック、そしてアンドリュー・ワトソン選手がステアリングを握りシェイクダウン走行を行いました。

この日は、#33 TF SPORTのAston Marin Vantage GTEと2台が走行を行い、シェイクダウン走行のメニューを無事に消化しました。

2021年WEC世界耐久選手権シリーズは、4月26日〜27日にスパ・フランコルシャンでプレシーズンテストが行われ、その後の4月30日〜5月1日に同じくスパ・フランコルシャンで開幕戦を向かえます。

(PHOTO:Jakob Ebrey Photographer)

■2021年 FIA世界耐久選手権シリーズ 開催スケジュール

2021年 スーパー耐久シリーズ Rd1(ツインリンクもてぎ)のフォトギャラリーを公開いたしました。

⇒詳細はこちら

3月21日(日)、栃木県のツインリンクもてぎでスーパー耐久シリーズ2021 Powered by Hankook第1戦『もてぎスーパー耐久 5Hours Race』の決勝レースが行われました。
ST-Xクラスに参戦するD’station Vantage GT3は、雨のなか今季のWEC参戦を見越し、星野敏選手がスタートを担当。オープニングラップから首位スタートの#16ポルシェを攻める走りをみせます。雨脚が強まるなかでプロが駆るライバルに先行を許すものの、それでもしっかりとスティントをこなしピットイン。近藤翼選手に交代します。

さらに雨も強くなるなか、安定したペースでラップを重ねた近藤選手は、57周目にピットイン。雨が強くなったことによりセーフティカーが導入されますが、ここで藤井誠暢選手に交代すると、セーフティカー解除後、藤井選手は他を圧倒するペースで首位に浮上。そして14.973秒差というリードを保ち、見事2021年開幕戦を優勝で飾りました!

一方ST-ZクラスのD’station Vantage GT4は、クラスポールポジションから織戸学選手が素晴らしい走りをみせ、他クラスを追う展開をみせますが、その後雨量が増えると、コースオフを喫するシーンもあったほか、ピットインタイミング等の展開にも恵まれず、6位でフィニッシュ。それでも速さをみせることができました。

皆さまご声援ありがとうございました。

1 / 3123

PARTNERS

Aston Martin Racing
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS