NEWS最新情報

勝てる速さを示しつつも、攻めたがゆえのトラブルで、惜しくもポイント獲得に留まったSUPER GT第8戦ツインリンクもてぎのレースレポートがアップされました。トラブルの理由、そして今シーズンの締めくくりをぜひご一読ください。

■詳細はこちら
http://dstation-racing.jp/pdf/2017/sgt_2017_round8.pdf

SUPER GT第8戦ツインリンクもてぎは11月12日、決勝レースが行われました。スヴェン・ミューラー選手がスタートドライバーを務めたD’station Porscheは、序盤から5番手につける走りをみせますが、13周目の90度コーナーで#11メルセデスと争い、軽く接触してしまいます。その後、16周目にピットインし、藤井誠暢選手に交代。二輪交換作戦を敢行し、その時のピットイン終了チームのなかで首位に浮上することに成功します。

しかし、その後右フロントのパンクチャーに見舞われてしまい、痛恨の再ピットイン。その後は藤井選手がハイペースで追い上げましたが、結果的には9位入賞という結果となりました。勝てるポテンシャルを示すことができていただけに少々悔しい結果となりましたが、攻めたがゆえ。逆にチームは2018年シーズンに向けての手ごたえを感じていました。

これで2017年のD’station Porscheの活動はSUPER GT、スーパー耐久、ポルシェ カレラカップ ジャパンとすべて終了致しました。今シーズンのご声援、本当にありがとうございました。(詳細なレースレポートは後日掲載致します)

SUPER GT第8戦ツインリンクもてぎは11月11日、公式予選が行われました。D’station Porscheは、まずは藤井誠暢選手がステアリングを握り予選Q1突破を目指します。ただ、アタックに入ったD’station Porscheには少々トラブルがあり、藤井選手は一時ピットへマシンを戻そうともしましたが、果敢にアタックへ。1分47秒873というタイムで10番手となり、Q1突破を果たしてみせます。

トラブルを解消させて臨んだQ2では、スヴェン・ミューラー選手がアタックを担当。午前の走行ですっかりもてぎをマスターしたミューラー選手は、1分47秒416をマークし、6番手グリッドを獲得しました!
今季最上位グリッドであり、決勝に向けてもチームは大きな自信を持っています。予選上位にはチャンピオンを争うメンバーが入っていますが、D’station Porscheはタイトル争いをかき回す存在になれそうです。今季ラストレースにぜひご期待ください!

45 / 45First...102030...4142434445

PARTNERS

Aston Martin Racing
TF SPORT
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
マジェスティ
SPORESH
NEXUSフェンシングクラブ
天然温泉 湯楽部
ZIMA
ごはん&カフェ Moment
矢中食堂
D'STATION RACERS