NEWS最新情報

8月2〜3日、富士スピードウェイで行われたSUPER GT第5戦の決勝レース。シーズン最長の一戦に向け、ダレン・ターナー選手を加え挑んだD’station Racing AMRは、予選10番手から表彰台圏内を争う展開をみせつつも、接触の影響やセーフティカーに泣かされる結果となり、11位でフィニッシュしました。ポテンシャルを披露することはできた一戦のレースレポートをアップ致しました。皆さまぜひご覧ください。

■詳細はこちら
http://dstation-racing.jp/pdf/2019/Dstation_sgt_2019_round5.pdf

8月3日、富士スピードウェイでSUPER GT第5戦の決勝レースが行われました。ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手がスタートを務めたD’station Vantage GT3は、500マイルのレースで序盤8番手につけると、チームは早めにピットインを行う戦略を採り16周を終えピットイン。藤井誠暢選手に交代します。
その後、長いスティントを担当した藤井選手ですが、快調なペースで周回を重ねポジションアップ。D’station Vantage GT3は表彰台圏内をうかがう順位につけていきます。さらに51周を終えピットインし、藤井選手からステアリングを受け継いだダレン・ターナー選手は、初めてのSUPER GTにも関わらず好ペースで周回。91周にふたたびオリベイラ選手に交代しました。

しかし直後の95周目、D’station Vantage GT3は13コーナーでインを突いてきたGT500車両と接触してしまい、ダメージを負ってしまいます。幸いレース続行は可能でしたが、ステアリングのアライメントが乱れ、オリベイラ選手、そして最終スティントを担当した藤井選手は終盤苦しい戦いを強いられました。
しかし、藤井選手のドライビングでなんとかペースを保ちチェッカーを受けたD’station Vantage GT3は、11位という結果でフィニッシュ。ライバル勢の戦略によりレース後半順位を落とすことになったものの、長丁場の戦いでポテンシャルを示すことはできました。この戦いの結果を、終盤3戦に繋げていきます。皆さま応援ありがとうございました。

8月3日、富士スピードウェイでSUPER GT第5戦の公式予選が行われました。午前の公式練習で3番手につけていたD’station Vantage GT3は、午後の公式予選Q1では藤井誠暢選手がアタッカーを担当。まずは4周目に1分38秒534で14番手につけ、Q2を担当するジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ選手に繋ぎます。

オリベイラ選手はQ2できっちりとタイヤを温めると、セクター1でそのときの全体ベストタイムをマーク。しかしこの富士でD’station Vantage GT3はややセクター3に苦戦しており、オリベイラ選手もコース後半でタイムが伸びず、1分37秒885というベストタイムで10番手につけることになりました。
とはいえポイント圏内はきっちり狙える好位置につけており、長丁場の決勝レースでは、ダレン・ターナー選手とともに堅実なレースを目指していきます。

22 / 45First...10...2021222324...3040...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
TF SPORT
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
マジェスティ
SPORESH
NEXUSフェンシングクラブ
天然温泉 湯楽部
ZIMA
ごはん&カフェ Moment
矢中食堂
D'STATION RACERS