NEWS最新情報

2022.07.17

2022年 ファナテック・GTワールドチャレンジ・アジア 鈴鹿 / 決勝レース2 レポート

7月17日(日)、三重県の鈴鹿サーキットでファナテック・GTワールドチャレンジ・アジア・パワード・バイAWS第2ラウンドのレース2/第4戦の決勝レースが開催されました。

前日とはうって変わり、晴天のもと迎えたレース2の決勝では、前日クオリファイ2を走ったプロドライバーが多くスタートドライバーを務め、D’station Vantage GT3は藤井誠暢選手がスタートを担当しました。

7番手からスタートした藤井選手は、序盤ひとつポジションを上げ6番手につけ、先頭集団のなかで総合4番手争いを展開します。序盤6周目からセーフティカーが出るなど荒れた展開となりますが、12周目にふたたびセーフティカーが入り、このSC明けにチームはピットインを行います。

前日のレース1ではタイマーのトラブルで遅れてしまいましたが、この日はパーフェクトな作業を行い、星野敏選手に交代。作業の早さも手伝いポジションを上げることに成功します。後半、プロ-アマクラスのトップ争いを展開していきますが、その後もセーフティカーが相次ぐ展開となりました。

そんななか、終盤のリスタート時にバトルのなかスプーンカーブでクラッシュを喫し、結果は完走扱いの18位となりました。ご声援ありがとうございました。

次戦は7月22日(金)〜24日(日)にチームの地元、富士スピードウェイで開催されます。

NEWSトップへ戻る

PARTNERS

Aston Martin Racing
TF SPORT
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
マジェスティ
SPORESH
NEXUSフェンシングクラブ
天然温泉 湯楽部
ZIMA
ごはん&カフェ Moment
矢中食堂
D'STATION RACERS