NEWS最新情報

2021.05.02

2021年 FIA世界耐久選手権 Rd1 スパ・フランコルシャン / 決勝レポート

5月1日(土)、ベルギーのスパ・フランコルシャンで2021年FIA世界耐久選手権シリーズ第1戦「スパ・フランコルシャン6時間レース」の決勝レースが現地時間の13時30分~19時30分(日本時間 20時30分~26時30分) に行われました。

#777 D’station Racingは、公式予選のタイム抹消により最下位スタートより藤井誠暢選手がスタートドライバーを担当しました。

スタートを担当する藤井選手は、スタート直後からアグレッシブにポジションアップを狙っていき、同じく予選ノータイムにより後方スタートとなった#77 Dempsey – Proton Racingのマット・キャンベル選手とのバトルを展開しながら次々とオーバーテイクを繰り返しポジションアップをしてきます。そして、最後尾スタートより2番手までポジションアップを果たし、1時間の乗車時間が経過した25周目に1回目のピットインを行います。

給油とタイヤ交換のルーティンピット作業を終えて、第2スティントは星野敏選手が担当します。レギュレーションによりブロンズドライバーの最低乗車時間が1時間40分と定められており、星野選手がダブルスティントを走行する戦略で第2・第3スティントを連続で担当します。同じ第2スティントにはブロンズドライバーも多く走行していましたが、星野選手は77 Dempsey – Proton Racingのクリスチャン・リード選手や、#98 Aston Martin Racingのポール・ダララナ選手らとバトルを行いながら安定したアベレージラップで5番手を走行。難コースのスパ・フランコルシャンで約2時間のダブルスティントの役目をしっかりと果たしてピットイン。

給油とタイヤ交換のルーティンピット作業を終えて、第3、第4スティントをダブルスティントで担当するアンドリュー・ワトソン選手へ交代します。アンドリュー選手も同じ時間帯に走行するシルバードライバーとのバトルを行いながら、1分15秒~16秒台のハイペースで安定したラップで担当スティントを進めていき、レース開始から5時間が経過したタイミングで最後のピットインを行います。

チェッカードライバーとなる第6スティントは藤井誠暢選手が再び担当します。藤井誠暢選手は15秒差で1つ前の6位を走行する#98 Aston Martin Racingのアウグスト・ファルフス選手を最後まで追いかけながら、現地時間の19時30分に7位入賞でチェッカーフラッグを受けました。

#777 D’station RacingのFIA世界耐久選手権デビュー戦となる、第1戦 スパ・フランコルシャンは最下位スタートよりノーミス・ノートラブルで6時間の長丁場を走り切り7位入賞で終えることができました。次回は6月12日~13日にポルトガルのアルガルヴェ・インターナショナル・サーキットで開催されます。

引き続き日本から沢山のご声援を宜しくお願いいたします。

NEWSトップへ戻る

PARTNERS

Aston Martin Racing
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS