NEWS最新情報

7月30日(木)、富士スピードウェイでピレリスーパー耐久シリーズの公式テストが行われました。D’station Racingは、ST-Xクラスの#777 Aston Martin Vantage GT3を星野敏選手/藤井誠暢選手/近藤翼選手というおなじみのトリオに加え、海外で豊富な実績を残してきた金丸ユウ選手を起用。4人でステアリングを握りました。
一方ST-Zクラスでは日本初登場となる#47 Aston Martin Vantage GT4に、星野辰也選手/浜賢二選手/織戸学選手という3人に加え、若手の篠原拓朗選手、銘苅翼選手を加え5人体制で臨みました。

この日の富士スピードウェイは、午前10時30分からのセッション1走りはじめこそ曇天だったものの、ポツポツと雨が降り出し、路面はウエットに。そんななか、#777 Vantage GT3の藤井誠暢選手が早々にマークした1分47秒116でST-Xクラスのトップタイムに。一方#47 Vantage GT4は、織戸学選手が記録した1分55秒918がST-Zクラスのトップタイム。両クラスともトップ発進をみせました。

午後2時50分からスタートしたセッション2は、曇天のもとドライでの走行となりましたが、ここでも#777 Vantage GT3は藤井誠暢選手が1分41秒103えをマーク。ライバルとのタイム差は僅差ながら、ここでもトップタイムに。#47 Vantage GT4は、織戸学選手が1分50秒326をマークし、4番手につけました。
この日は、午後6時50分から富士24時間に向けたナイトセッションも設けられましたが、D’station Racingの2台は、霧雨のなかナイトランの義務周回をこなしながら、セットアップでも好材料を見つけ、ここでも藤井誠暢選手が1分41秒912というトップタイムを記録。全セッション首位で終えることに成功しました。#47 Vantage GT4も1分58秒159を記録し、トラブルなくテストを終えています。D’station Racingにとって実り多きテストとなりました。

新型コロナウイルスの影響で大きく遅れたものの、いよいよ迎えた2020年SUPER GT第1戦富士。PACIFIC NAC D’station Vantage GT3は藤井誠暢選手とケイ・コッツォリーノ選手のふたりが上位での戦いを展開し、10位でフィニッシュ。見事今季開幕戦で貴重な1ポイントを獲得しました。そんな一戦のレースレポートを下記に掲載しました。ぜひご覧ください。

■詳細はこちら
http://dstation-racing.jp/pdf/2020/Dstation_sgt_2020_round1.pdf

2020年SUPER GT Rd1 富士スピードウェイのフォトギャラリーを公開いたしました。

⇒詳細はこちら

1 / 3123

PARTNERS

Aston Martin Racing
PACIFIC RACING TEAM
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社エアージェイ

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS