NEWS最新情報

『2018年FIA世界耐久選手権 WEC富士6時間耐久レース』は10月14日、富士スピードウェイで6時間の決勝レースが行われました。DEMPSEY-PROTON RACINGの88号車ポルシェ911 RSRは、星野選手が初挑戦ながらスタートを担当しました。

ウエットから徐々にドライに変わる難しいコンディションで、しばらくプロドライバーも走るなか、星野選手はLM-GTE Amクラスのトップを守り、見事第1スティントの大役を果たしてジョルジオ・ローダ選手に交代。さらにマッテオ・カイローリ選手と繋ぎます。

続いて第4スティントを担当した星野選手は、すっかりドライに転じたなかでまたも安定したラップを披露。藤井誠暢コーチの的確な指示も奏功し、きっちりと自らのスティントを走りきってふたたびローダ選手に交代しました。ただ、ローダ選手のスティントでピット作業のミスがあり、2分ほどをロスし、ややポジションを落としてしまうことに。それでも最後はカイローリ選手が素晴らしい速さで追い上げ、星野選手の世界選手権初挑戦初優勝……こそなりませんでしたが、見事LM-GTE Amクラスの2位を獲得しました!!

星野選手は「勝てると思っていたのでちょっと悔しいですね」とレース後語ってくれました。
「昨日『スタートを担当しろ』とチームに言われてビックリしました(笑)。しかも雨でしょう? でもウエット路面でしたが順調に走れましたね。その後すぐセーフティカーが入ってしまいましたが、楽しめましたし、気持ち良かったです。表彰台の風景も、日本とは全然違うものでしたね」と満面の笑みで初の世界選手権挑戦を振り返っています。
ノーミスでしっかりと自分のこなし、チームからは「次の上海も出てくれ」と言われるほど高い信頼を勝ち得た星野選手。D’station RacingとDEMPSEY-PROTON RACINGのコラボレーションは、最高のすべり出しをみせました!

『2018年FIA世界耐久選手権 WEC富士6時間耐久レース』は10月13日、予選が行われました。DEMPSEY-PROTON RACINGの88号車ポルシェ911 RSRは、マッテオ・カイローリ選手のアタックに続き、星野敏選手が乗り込みアタックを行いました。 「タイムを気にせず、とりあえず3周してこいと言われました(笑)」という星野選手は、カイローリ選手が3番手だった状態から、慣れ親しんだ富士を攻めます。すると、交代して4周目には1分39秒525というタイムをマーク。予選終盤に、タイムの合算平均でトップに浮上してみせました。

「無線でも何も言われず、ピットに戻ってみたらみんな喜んでいて、冗談かと思いました(笑)。WEC初参戦でこうしてポールポジションを獲れて、自分でも驚いています!」と星野選手が語るとおり、WEC世界耐久選手権の初参戦にして、LM-GTE Amクラスのポールポジション獲得となりました!

予選後には、各クラスのタイムアタックを担当したドライバーが出席する記者会見に参加。藤井誠暢ドライビングアドバイザーも星野選手の晴れ舞台を笑顔で見守りました。また、カイローリ選手も記者会見でここに来られたのは、星野選手のおかげだよ!」と笑顔。会見後には多くの日本メディアが星野選手を取り囲みました。

世界選手権初挑戦にしての快挙達成に、チームも最高の雰囲気となっています。明日は6時間の長丁場ですが、大いに優勝のチャンスがある予選結果となりました。明日も88号車ポルシェに熱い声援をよろしくお願いします!

10月8日~9日にツインリンクもてぎでSUPER GT公式テストが行われました。ポルシェ得意のモテギでD’station Porscheの仕上がりは順調で、1日目は午前:3位、午後2位、2日目は午前:2位、午後:4位と安定した速さを魅せていました。

「今日の午後はロングランしかしていませんが、ユーズドタイヤでもタイムも良いですし、最終戦のときの気温に合いそうなタイヤのパフォーマンスも高かったです。クルマも足回りのセットを試し、もてぎに合うものが見つけられたと思っています。平均的にスピードがありますし、この最終戦が最大のチャンスになると思います」と藤井誠暢選手は大きな手ごたえを感じた様子です。

今回、スヴェン・ミューラー選手が参加していないこともあり、2日間8時間の走行となりましたが、「昨年ももてぎはパンクさえなければ勝てるレースだったと思いますし、今年はリベンジで、きっちり勝って終わりたいですね。その意味では完璧なテストでした。僕も8時間走り、クールスーツもドリンクも使わなかったですが大丈夫でした」と藤井選手は笑顔でタフネスぶりをみせています。

次戦SUPER GTは10月20〜21日のオートポリス戦。D’station Porscheにとって決して得意なコースではありませんが、好結果で最終戦に繋げるべく、チーム一丸となって挑みます。

1 / 212

PARTNERS

アクセル有限会社
株式会社エアージェイ
エンケイ株式会社
江崎グリコ株式会社
有限会社エムエムエピー
LG Electronics Japan Inc
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社ケテル
株式会社ケテルレースサービス
株式会社五光建設
株式会社サインアートツカ
株式会社サウスヒルズ
三洋紙業株式会社
株式会社JVCケンウッド
株式会社タジマモーターコーポレーション
税理士法人平川会計パートナーズ
ディートリッヒ
有限会社デイズ
EMGルブリカンツ合同会社
株式会社MAKEWINNER
プーマジャパン株式会社
ヤワタグループ
株式会社ユニワールド
横浜ゴム株式会社
株式会社ラフィーネインターナショナル

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS