NEWS最新情報

2019.11.24

2019年-2020年 アジアン ル・マン シリーズ Rd1 上海 / 決勝レポート

11月24日、上海国際サーキットで2019-2020年アジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)第1戦の決勝レースが行われました。

現地時間の午前9時45分にスタートした4時間の決勝レースでは、予選結果によりGTクラス3番手から、藤井誠暢選手がスタートドライバーを担当。好スタートを決めた藤井選手は、1コーナーで#51フェラーリを抜き去り、さらにS字コーナー手前で#27フェラーリを抜きトップに浮上。その後は、2位まで浮上してきた#88ランボルギーニと接近したトップ争いを続け、34周目にピットインしました。

第2スティントを担当した星野敏選手も、初走行の上海サーキットとは思えない安定したラップを刻み続け、途中FCYやSCの導入もあり変則的となった戦略にも完璧に対応し、第3〜第4スティントを連続で担当したロス・ガン選手に繋ぎます。

ロス・ガン選手は連続スティントにも関わらず、両スティントともに、速く安定したラップタイムを刻み続け、計55周もの長いスティントでAston Martin Racingのワークスドライバーらしい完璧な走りを披露しました。

そして、#77 D’station RacingのAston Martin Vantage AMR GT3は4時間レースで、計105周を走り切り、見事にトップチェッカーを受けることができました。

D’station Racingにとっては海外レースでの初優勝を達成しました。日本人スタッフとAMRスタッフの混成チーム体制による初挑戦でしたが、すべてのスタッフのが頑張りとチームワークが大きな力となり、初挑戦のアジアン・ル・マン・シリーズで優勝を果たすことができました。

日本からも沢山のご声援をありがとうございました。

NEWSトップへ戻る

PARTNERS

Aston Martin Racing
横浜ゴム株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
プーマジャパン株式会社
EMGルブリカンツ合同会社
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社エアージェイ
株式会社ケテル
株式会社ケテルレースサービス
株式会社MAKEWINNER

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS