NEWS最新情報

11月22日、上海国際サーキットで2019-2020年アジアン・ル・マン・シリーズ(AsLMS)第1戦のテスト走行が午前に2時間、午後に1時間半行われました。

#77 D’station RacingのAston Martin Vantage AMR GT3は、2週間前のWEC世界耐久選手権でも上海国際サーキットを経験しているAMRワークスドライバーのロス・ガン選手、藤井誠暢選手、星野敏選手の3名が交互にドライバー交代を行い、マシンのセットアップやロングランの確認を軸に走行を終えました。

午前のセッションでは、2分03秒305を記録しGTクラス首位に。午後のセッションは、2分06秒093を記録しGTクラス4番手で初日の走行を終えています。

明日は下記のスケジュールで、テスト走行と予選が行われます。引き続きたくさんのご声援を宜しくお願いいたします。

■関連ページ

– 予選ライブストリーミング映像
現地時間 11月23日(土)16:00-16:15(日本時間 17:00-17:15) Qualifying GT
https://t.co/hb0ns3Y19O

– 決勝ライブストリーミング映像
現地時間 11月24日(日)09:45-13:45(日本時間 10:45-14:45) 4 Hours of Shanghai
https://t.co/tNMFT4eq0Y

2019年ピレリ・スーパー耐久シリーズ Rd6 岡山のフォトギャラリーを公開いたしました。

⇒詳細はこちら

11月9日、ピレリ スーパー耐久シリーズ第6戦『スーパー耐久レース in 岡山』のグループ1の決勝レースが、岡山県の岡山国際サーキットで行われました。星野敏選手/藤井誠暢選手/近藤翼選手のトリオでST-Xクラスに参戦したD’station Vantage GT3は、午後1時30分からのレースで藤井誠暢選手がスタートドライバーを担当し、リードを築きます。
第2スティントを担当した星野敏選手は、予選でみせたスピードをそのままに、コンスタントなペースでリードを守ったまま最終スティントの近藤翼選手に交代します。ただ終盤、異なる作戦でトップを奪う車両が現れます。

しかしレースも残りわずかのところで、近藤選手が素晴らしいプッシュをみせると、ライバルのピットインと同時にトップを奪還。3時間のレースをしっかりと走り、見事第1戦鈴鹿以来となる今季2勝目を初のポール・トゥ・ウインで飾りました! 「開幕戦以来長かったですが、2勝目を飾れて本当に嬉しいです」と星野選手。
この結果により、D’station Vantage GT3は欠場した富士戦以外、今季全戦で表彰台を獲得。年間2勝でランキング2位という結果で2019年シーズンを終えることができました。皆さんご声援ありがとうございました!

2 / 512345

PARTNERS

Aston Martin Racing
PACIFIC RACING TEAM
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社エアージェイ

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS