NEWS最新情報

ピレリ・スーパー耐久シリーズ2018 第1戦『SUZUKA“S耐”春の陣』がいよいよ開幕しました! 2018年からST-XクラスとST-1クラスで1台ずつ、2台体制で参戦するD’station Racingは、2018年の新カラーリングをまとって3月31日のフリー走行と公式予選に臨みました。

星野敏選手/荒聖治選手/近藤翼選手のトリオで臨んだST-Xクラスの777号車D’station Porscheは、フリー走行で2分05秒398のベストタイムをマークし、5番手に。公式予選では星野選手と荒選手がアタッカーを務め、合計タイム4分05秒498で2列目4番手グリッドを獲得しています。

一方、星野辰也選手/織戸学選手/浜健二選手の3人で参戦するST-1クラスの47号車D’station Porsche Cupは、2台のST-1クラスでまずはフリー走行を2分18秒318というベストタイムで終えると、公式予選は星野辰也選手と織戸選手でアタック。4分22秒971というベストタイムで、クラス2番手につけました。

開幕戦となる4月1日の決勝レースは、12時15分スタート予定。また、午後2時10分からはS耐オフィシャルステージで、今回がサーキットデビューとなる2018 D’STATION FRESH ANGELSのライブも行われます。皆さま、D’station Racingにぜひご声援よろしくお願いします!

3月24日~25日に富士スピードウェイでSUPER GTの公式テストが行われました。D’station Racingはスヴェン・ミューラー選手がドイツのニュルブルクリンクで開催されていたVLNニュル耐久シリーズ開幕戦へ参戦のため、今回は藤井誠暢選手ひとりでのテスト走行となりました。

富士を得意とするD’station Porscheは、1日目はセッション1で9位、セッション2で2位、総合3位のタイムを記録。好調な仕上がりは2日目も続き、セッション3を2位、そして、セッション4では1分36秒269というタイムをマークし、これがこの日の最速タイムとなり、D’station PorscheはGT300クラスのトップで2日目を締めくくりました!

「岡山から富士の1日目で合わせ込んできて、今日は何もいじっていないです。今日はタイヤを選んで、最後はロングランを行いましたが、マークした1分36秒269もレースで使う予定のタイヤで出したもの。ここまでタイムが出るとは思いませんでしたね。ロングランも安定してグリップも高いので、第2戦は何もトラブル等がなければいいところにいけると思います」と藤井選手。

また、武田敏明監督も「まわりの状況が分かりませんが、感触はいいですし、いろいろなことを試せました。開幕戦、第2戦と大きなミスをせず、コンディションを合わせられればいいところにいけると思っています」と満足げな笑顔で語ってくれました。

開幕前のテストをこれ以上ないかたちで締めくくったD’station Racing。SUPER GTは4月7〜8日にいよいよ岡山国際サーキットで開幕を迎えます。そしてその前に、3月31日〜4月1日のスーパー耐久開幕戦鈴鹿にもぜひご期待ください!

3月17日~18日に岡山国際サーキットでSUPER GTの公式テストが行われました。この2日間でD’station Racingは、2018年仕様のポルシェ911 GT3 Rに合わせたセッティングの煮詰めを行いました。

藤井選手によれば「もうほとんどいじらずにいいレベル」には来たとのこと。また、決勝でのポルシェの良さを活かすべく、予選でのセットアップ等にもトライ。チームにとって非常に多くの収穫を得て、実り多いテストになった様子です。

1 / 3123

PARTNERS

Aston Martin Racing
TF SPORT
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
H ampersand
SPORESH
NEXUSフェンシングクラブ
天然温泉 湯楽部
ZIMA
ごはん&カフェ Moment
矢中食堂
D'STATION RACERS