NEWS最新情報

SUPER GT第6戦『第46回 インターナショナル SUZUKA 1000km“SUZUKA 1000km THE FINAL”』は8月27日、決勝日を迎えました。好天にも恵まれ、非常に多くの来場者が予想されていますが、午前9時からはポルシェ カレラカップ ジャパン第9戦の決勝レースが行われました。

D’station Porscheをドライブした星野敏選手は、スタート直後からセーフティカーが導入される波乱の展開を勝ち抜き、見事オーバーオールクラスで初となる3位表彰台を獲得しました! これでD’station Racingは今季参戦しているSUPER GT、スーパー耐久、ブランパンGTシリーズ・アジア、そしてポルシェ カレラカップ ジャパンの全シリーズで表彰台を獲得し、チームメンバーも大喜びでした。皆さま応援ありがとうございます。引き続き、SUPER GT第6戦の決勝レースにもご期待くださ

ブランパンGTシリーズ・アジア第4戦富士は19日、午後3時35分から決勝レース1が行われました。D’station Porscheは星野敏選手がスタートを担当。アジアの猛者がひしめくなか、15番手スタートから奮闘をみせた星野選手は9番手前後までポジションを上げ、15周を終え荒聖治選手に交代します。そこから荒選手も好ペースで戦い、上位陣の脱落にも助けられ、総合8位/プロ-アマクラスの3位表彰台を獲得しました!

「荒選手とふたりでがんばって、ブランパンGTアジアの3レースめで表彰台を獲れて嬉しいです」と星野選手も笑顔。また、荒選手も「星野選手のペースがすごく速かった。交代してからも『星野さんのペースで走るのは大変だな』と(笑)。表彰台に一緒に乗れたのは本当に嬉しいです。あきらめないで走って良かった」と笑顔で語ってくれました。また今回、応援に訪れていた藤井誠暢選手も、星野選手の速さを絶賛していました。ただ、「上位はもっと速いので、まだまだ課題はある」と荒選手。明日のレース2は10番手からスタート予定で、さらなる上位を狙っていきます。明日もD’station Porscheへの応援よろしくお願い致します!

 

1 / 11

PARTNERS

アクセル有限会社
株式会社エアージェイ
エンケイ株式会社
江崎グリコ株式会社
有限会社エムエムエピー
LG Electronics Japan Inc
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社ケテル
株式会社ケテルレースサービス
株式会社五光建設
株式会社サインアートツカ
株式会社サウスヒルズ
三洋紙業株式会社
株式会社JVCケンウッド
株式会社タジマモーターコーポレーション
税理士法人平川会計パートナーズ
ディートリッヒ
有限会社デイズ
EMGルブリカンツ合同会社
株式会社MAKEWINNER
プーマジャパン株式会社
ヤワタグループ
株式会社ユニワールド
横浜ゴム株式会社
株式会社ラフィーネインターナショナル

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS