NEWS最新情報

追い上げをみせるも、無念のペナルティを受けてしまったSUPER GT第2戦富士。そんなPACIFIC NAC D’station Vantage GT3の第2戦レースレポートを下記に掲載しました。ぜひご覧ください。

■詳細はこちら
http://dstation-racing.jp/pdf/2020/Dstation_sgt_2020_round2.pdf

2020年SUPER GT Rd2 富士スピードウェイのフォトギャラリーを公開いたしました。

⇒詳細はこちら

8月9日、SUPER GT第2戦富士の決勝レースが行われました。14番手からスタートしたPACIFIC NAC D’station Vantage GT3は、藤井誠暢選手がステアリングを握り序盤から前をいく#34 NSX GT3を追いレースを展開、着実に順位を上げていきます。

ピットインを遅らせ4番手まで順位を上げた藤井選手は、31周を終えピットへ。ケイ・コッツォリーノ選手に交代します。その後、コッツォリーノ選手は#360 GT-Rとのバトルを制すと、12番手にポジションアップ。さらに56周目には#5 86 MCをオーバーテイク。11番手に順位を上げる熱い走りをみせます。その頑張りが功を奏したか、ファイナルラップに前をいくマシンがダンロップコーナーでストップ。PACIFIC NAC D’station Vantage GT3は10位でフィニッシュし、第1戦に続き1ポイントを獲得した……かに思われました。

しかし、コッツォリーノ選手はレース中、アグレッシブな走りが裏目に出たか、走路外走行による黒白旗(警告)を受けており、フィニッシュとともに2回目の黒白旗が提示されてしまいます。これにより、競技結果に40秒加算されるペナルティが課され、PACIFIC NAC D’station Vantage GT3の順位は19位という結果となりました。

結果としては悔しいものにはなりましたが、今回得られたことも多く、よりレースでの速さを磨くべく、第3戦鈴鹿に挑んでいきます。今回もたくさんの応援ありがとうございました。

3 / 41234

PARTNERS

Aston Martin Racing
PACIFIC RACING TEAM
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社エアージェイ

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS