NEWS最新情報

3月18日、セブリング・インターナショナル・レースウェイで2022 FIA WEC世界耐久選手権第1戦の1000マイル(8時間)の決勝レースが行われました。

D’station Racingのアストンマーティン・ヴァンテージAMR GTEは、藤井誠暢選手がスタートドライバーを担当。序盤から好走をみせ2番手までポジションを上げていき、26周まで走行すると、星野敏選手に交代。非常にバンピーでタイトなセブリングでの初めてのレースにも関わらず、星野選手は安定した走りで上位争いを展開していきます。

56周目、チャーリー・ファグ選手に交代すると、同様に初めてのWECながらファグ選手は素晴らしいペースで走行を重ねました。途中、ハイパーカークラスの#7トヨタのクラッシュによる赤旗中断をはさみながら、ふたたび星野選手に交代。ここでも安定した走りをみせ、ふたたびファグ選手へ。

終盤、雷雲接近にともなう赤旗中断をはさみながらノーミスで走りきり、D’station Racingにとって初めてのセブリングを走破。6位入賞で2022年の開幕戦を終えました。日本からたくさんの応援をありがとうございました。

D’station Racingは3月16日〜17日、セブリング・インターナショナル・レースウェイで開催されている2022 FIA WEC世界耐久選手権の3回のフリープラクティス、そして予選を終えました。

飛行場の跡に作られているオールドコースのセブリングは、コンクリート路面で非常にバンピー。そんな世界屈指の難コースであるセブリングの路面に合わせるため、D’station Racingのアストンマーティン・ヴァンテージAMR GTEは足回りのセットアップを変更しながら、フリープラクティス1は10番手、FP2は8番手、FP3は6番手と少しずつ順位を上げていきます。
17日の予選では赤旗中断もあり、少ない残り時間のなかでのアタックとなりましたが、星野敏選手が最終ラップにしっかりとまとめ、2分01秒379をマーク。自己ベストを更新し、過去最高位の5番手を獲得しました。

3月18日(金)は現地時間12時(日本時間19日深夜1時)より1000マイル(8時間)の決勝レースがスタートします。ぜひたくさんの応援をよろしくお願いします。

D’station Racingは、3月12日(土)〜13(日)に、セブリング・インターナショナル・レースウェイで行われた2日間のWECプロローグテストを無事に終えました。
星野敏選手/藤井誠暢選手/チャーリー・ファグ選手の3人のドライバーでマシンをシェアしながら、合計12時間もの距離を走りました。上位ではありませんが、マシンの仕上がりも良く、貴重な今シーズン最初のテストとなりました。

3月16日(水)からはWEC開幕戦の公式セッションがスタートします。引き続き応援宜しくお願いします。

【タイムスケジュール / Time schedules】

■ 3月16日(水)/ 16th, March
・11:05-12:05 (日本17日 00:05-01:05) Free Practice 1
・16:35-17:35 (日本17日 05:35-07:35) Free Practice 2

■ 3月17日(木)/ 17th, March
・12:05-13:05 (日本18日 01:05-02:05) Free Practice 3
・19:00-19:10 (日本18日 08:00-08:10) Qualifying – LMGTE

■ 3月18日(金)/ 18th, March
・12:00-20:00 (日本19日 01:00-09:00) 1000 Miles of Sebring

9 / 24First...7891011...20...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
TF SPORT
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
マジェスティ
SPORESH
NEXUSフェンシングクラブ
天然温泉 湯楽部
ZIMA
ごはん&カフェ Moment
矢中食堂
D'STATION RACERS