NEWS最新情報

2021年 FIA世界耐久選手権 Rd3(モンツァ)のフォトギャラリーを公開しました。

⇒詳細はこちら
Click here

7月16日(金)〜18日(日)、イタリアのモンツァ・サーキットで開催された2021年FIA世界耐久選手権シリーズ第3戦#777 D’station Racingは、序盤から確実にポジションを上げ、終盤#98アストンマーティンとの手に汗握る好バトルを展開。最後は3位でフィニッシュし、WEC世界耐久選手権での初めての表彰台を獲得しました。そんな第3戦モンツァのレースレポートを下記に掲載しました。是非、ご覧ください。

■詳細はこちら
http://dstation-racing.jp/pdf/2021/Dstation_WEC_2021_round3.pdf

7月18日(日)、イタリアのモンツァ・サーキットで現地時間12時00分~18時00分(日本時間19時00分~25時00分)、2021年FIA世界耐久選手権シリーズ第3戦の決勝レースが行われました。
藤井誠暢選手がスタートを担当した#777 D’station Racingは、スタートから着実にポジションを上げ、16周目に4番手まで浮上。ピットインし星野敏選手に交代します。

星野選手はその後、しばしば1分49秒台をマークする素晴らしい走りでダブルスティントをこなすと、69周まで走りきりアンドリュー・ワトソン選手に交代。ワトソン選手もトリプルスティントをこなす力走をみせました。残り1時間を切り、ふたたび藤井誠暢選手がコクピットに乗り込み、ライバルがピットインを終えると、#777 D’station RacingはLM-GTE Amクラスの2番手に。ついに表彰台圏内を確実なものとします。

ただチェッカー間際、世界で多くのタイトルを手中に収めてきたアウグスト・ファーフス選手がドライブする#98アストンマーティンが急接近。藤井選手も素晴らしいバトルで応戦し、国際映像も釘付けになる戦いをみせますが、ファイナルラップにオーバーテイクを許してしまいました。それでも、最後まで戦い抜いた#777 D’station Racingは、クラス3位でフィニッシュ! ついにFIA世界耐久選手権での初表彰台を獲得しました。

詳細なレポートは後日掲載致します。まずはたくさんのご声援、ありがとうございました。

17 / 24First...10...1516171819...Last

PARTNERS

Aston Martin Racing
TF SPORT
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
マジェスティ
SPORESH
NEXUSフェンシングクラブ
天然温泉 湯楽部
ZIMA
ごはん&カフェ Moment
矢中食堂
D'STATION RACERS