NEWS最新情報

10月21日(日)、午後2時からSUPER GT第7戦『AUTOPOLIS GT 300km RACE』の決勝レースが行われました。タイヤに厳しいコースだけに、前日からライバルチームと同様に苦戦していたD’station Porscheですが、スタートドライバーを務めた藤井誠暢選手が、高いペースを保ちながらパーフェクトなタイヤマネージメントを敢行。当初予定を大幅に上回る31周というスティントをこなし、スヴェン・ミューラー選手に交代します。

藤井選手の頑張りにより、後半スティントが短くなったことにも助けられ、スヴェン選手は少しずつペースを上げると、1台、また1台とオーバーテイクをみせていきます。49周目には11番手、さらに52周目には10番手、54周目には9番手へとポジションを上げたスヴェン選手は、残り3周でさらに1台をかわし8位でチェッカー。見事ポイント獲得を果たしました。

ポルシェ911 GT3 Rには苦手なコースで、タイヤにも厳しい状態ながら、チームの総力を出し切ってのポイント獲得は、最終戦もてぎでの勝利を目指すにあたって、大いに士気を高める結果となりました。皆さま応援ありがとうございました! 詳細なレポートは後日アップ致します。

10月20日(土)、午前9時からSUPER GT第7戦『AUTOPOLIS GT 300km RACE』は午後2時30分から公式予選が行われました。午前の専有走行は苦しい展開になったD’station Porscheは、予選でQ2進出を果たすべく藤井誠暢選手をQ1のアタッカーに据えます。

予選では、途中他車のスピンにより赤旗中断となってしまいますが、このタイミングでまだじっくりタイヤを温めていた藤井選手にとってはラッキーな展開に。再開後、クリアラップをとった藤井選手は1分44秒229というタイムで、見事10番手でQ1突破を成し遂げました。Q2を担当したスヴェン・ミューラー選手も1分44秒554を記録し、最終的にD’station Porscheは11番手グリッドを獲得。上位をうかがうポジションから明日の決勝レースを戦うことになりました。明日もぜひ応援よろしくお願いします!

2018年WEC富士6時間耐久レースのフォトギャラリーを公開いたしました。

⇒詳細はこちら

3 / 3412345...102030...Last

PARTNERS

アクセル有限会社
株式会社エアージェイ
エンケイ株式会社
江崎グリコ株式会社
有限会社エムエムエピー
LG Electronics Japan Inc
kanakoのスープカレー屋さん
株式会社ケテル
株式会社ケテルレースサービス
株式会社五光建設
株式会社サインアートツカ
株式会社サウスヒルズ
三洋紙業株式会社
株式会社JVCケンウッド
株式会社タジマモーターコーポレーション
税理士法人平川会計パートナーズ
ディートリッヒ
有限会社デイズ
EMGルブリカンツ合同会社
株式会社MAKEWINNER
プーマジャパン株式会社
ヤワタグループ
株式会社ユニワールド
横浜ゴム株式会社
株式会社ラフィーネインターナショナル

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS