NEWS最新情報

2021.09.25

2021年 フォーミュラ・リージョナル・ジャパン(富士スピードウェイ) / 予選・決勝レポート

9月25日(土)、富士スピードウェイで開催されるフォーミュラ・リージョナル・ジャパン第3ラウンドの公式予選、第7戦、第8戦の決勝レースが行われました。

D’station Racingから参戦した19歳の澤龍之介選手は、午前8時55分から行われた公式予選1では、専有走行での仕上がりの良さを活かしたいところでしたが、ウエットから少しずつコンディションが回復してくるなか、最後のアタック機会でクリアラップをとれず、5番手となります。しかし40分のインターバルを挟み午前9時50分から始まった公式予選2では、コンディションも回復するなか2番手につけてみせます。

午後0時05分から行われた第7戦では、抜群のスタートを決めポジションを上げると、2位でフィニッシュ。表彰台を獲得しました。

午後3時10分から行われた第8戦では、2番手からスタートでトップに浮上。レースをリードしていきます。しかし、2番手につけた#28 古谷悠河選手が澤選手に迫り、7周目のTGRコーナーで古谷選手がオーバーテイク。再逆転を狙った澤選手が直後のコカ・コーラ・コーナーで首位再浮上を狙うも、わずかに接触。古谷選手はコースアウトを喫します。

澤選手もコースアウトするもそのままトップを守り、歓喜の初優勝を飾ったかと思われましたが、暫定表彰式の後に接触のため30秒加算のペナルティを受け、10位という結果に。幻の優勝となりましたが、藤井誠暢マネージングディレクターも「今後が楽しみ」というコメントを残しています。

NEWSトップへ戻る

PARTNERS

Aston Martin Racing
日本ミシュランタイヤ株式会社
株式会社 エンドレスアドバンス
Freem Motorsport Japan
ヤワタグループ
税理士法人平川会計パートナーズ
三洋紙業株式会社
株式会社五光建設
株式会社ラフィーネインターナショナル
kanakoのスープカレー屋さん

NEXUS GROUP

NEXUS株式会社
D'STATION
SPORESH
Hotel Nexus Door TOKYO
株式会社スタジオAip
ZIMA
天然温泉 湯楽部
かちどき食堂
ごはん&カフェ Moment
D'STATION RACERS